無名音楽家アブロニカの戦慄なリアルと最前線

ヒップホップ・ポストロック・エレクトロニカを主軸にしたラッパー&トラックメーカー、アブロニカのこれからを赤裸々に書き綴り。 日本中の90%を占める底辺音楽家のリアルと実情、日々思うことを書き殴ります。まれにDISリスペクトな記事あり。 無料の楽曲DLが受け取れるフリクルメルマガ配信中 http://frekul.com/artists/profile/call-it-anything

カテゴリ: Food

IMG_0769[1]

知人宅にて天ぷらをご馳走になるはずが何故かイレギュラーでコイツが出てきた。というかこれって何?名前はスウィート・タマリンド。聞きなれない単語です。帰宅後にググってみたら亜熱帯や熱帯などで育つアフリカ原産の果物らしいということが判明。パッケージ見たらそのまま食えそうな形状…。

IMG_0770[1]
フタを開けてみる。ん?美味そう。一見すればスナック菓子にも見えなくもないさやえんどうみたいな形しててこのままカリッと頂きたいんだけどいかんせん果物。この周りの殻をカリカリっととらなくては食べられません。
IMG_0771[1]
一本とってみて食べてみる。殻をはがそうにもちょっと固い…。思わず半分にパキッと折りたくなる衝動に駆られるが何かそれは違うと体が勝手に反応するので先端からパキパキはがしていく。
というこの形状…遠くから見たら犬のうんこにしか見えませんね。

IMG_0772[1]
剥けました。更に得体の知れない物体Xな姿がここに。干からびたエンドウ豆みたいですね…。いやこれ本当どうやって食べるんだ?とますます食べ方が分からなくなる…。殻を剥いたその次に細い根の様な部分をとらなくてはいかんとのこと。

丸い豆状の部分が見えるのでそこが実でした。気になる味なんですが酸味が効いて甘酸っぱい…like a 梅干し。そして口の中にくっつきやすく若干粘着性あり。少し粘着質な干し芋的食感でした。実自体が小さいですから恐らく別の果物と合わせて食べるのがベストなんでしょうね。

過去に昆虫食を体験しましたがあれはあれで珍味だったけどこれもまた変わった味。では今日はこの辺で。
 

さすがamazon。なんでもありますね。

IMG_0719[1]

普段の毎日ブログ更新と音源制作をコツコツと積み重ねている自分へのご褒美としてお昼のランチタイムを鳥どりで済ませることにしました。横浜駅のみなみ西口から左に曲がりローソンの方を真っすぐ行くとこちらのハマボールのビルが見えるので中に入って2階にあります。

IMG_0721[1]
看板がこちらです。夜になると居酒屋モードになりますがお昼時では通常の飲食店営業になります。まあここら辺は他の飲食店と何ら変わりありません。
IMG_0720[1]
こちらにズラーっとサンプルが並んでいますが何といっても目玉のメニューは唐揚げ定食です。何が良いってこのお店の唐揚げ定食は何と唐揚げ食べ放題!!しかもライスもお替わりOKというデブな飯好き御用達しのお店なんですよ!!素晴らしい。
喫煙席と禁煙席がちゃんと分煙されてますしカウンターからは横浜の街並みを見下ろすことが出来ます。でもそんな事より飯ですよね。
IMG_0722[1]
こちらがメニューになります。食べ放題で980円はお得です。
IMG_0723[1]
やってきました。唐揚げ自体は味づけされていません。その代わりにおろしポン酢とタルタルソース、ごまだれと3種類の味を堪能できます。これが何個食べても飽きさせない理由。
IMG_0724[1]
唐揚げを拡大して撮影。レモンをかけない派です。外はサクサク。中は肉汁がジュワーな食欲がガンガン進みまくる美味しさ。まずはおろしポン酢を注文し7個を平らげます。
IMG_0725[1]
ご飯もお替わり自由ですからね。白飯を追加注文して更に唐揚げを7つ注文。今度はタルタルソース。最大20個まで注文できますから唐揚げ好きにはたまりません。注意するべきなのが一度に頼めるタレの種類は一種類だけ!!さすがに同じ味で何個も食べていると飽きが来るので少量づつ注文するのがベターです。
IMG_0726[1]
さらに追加。もちろんご飯もお替わり。そして今度は唐揚げ6個追加。写真には写ってませんがゴマダレを注文。おろしポン酢で程よい酸っぱさを味わってタルタルソースでパンチのきいた味を堪能して最後にゴマダレで程よい甘さを味わって大満足で完食。

いやあ最高でした。こんなにコスパのいい唐揚げ定食を提供する居酒屋鳥どりBIG UPですよ。何よりアクセスが近いしとりあえず横浜きたけどガッツリ飯を食いたい方は是非とも行ってみるべきです。では今日はこの辺で。

鳥どり ハマボールイアス店
〒220-0004  神奈川県横浜市西区北幸2-2-1 ハマボールイアス2F
TEL
050-5787-0778
0120-211-750
SnapCrab_NoName_2016-4-30_18-4-4_No-00
営業日
月~金ランチタイム11:30~14:00(LO 13:30)
土・日・祝ランチタイム11:30~14:00(LO 14:00)
月~金ディナータイム17:00~23:00(LO 22:00)
土・日・祝ディナータイム17:00~23:30(LO 22:30)

IMG_0700[1]

トラック制作とブログ更新させた自分への褒美としてここのラーメン食いに行きました。1年半前に上京してきてから我がソウルフード!!それが豚そば秀吉です。ラーメン二郎大好きな自分としては近隣に二郎が無いのが残念でしょうがなかったのですがインスパイア店はありました。行ってみたらもうこれが…本家の二郎よりも美味いんじゃないか!?と思うぐらいな美味さ。

IMG_0699[1]
この黄色い看板が目印。横浜駅みなみ西口から10分あれば着きます。豚そば秀吉はカラメ入りの容器があるので自分の好きなように入れられます。野菜とニンニクは二郎と同じくマシマシ可能。
食券買って渡すときに注文するのが二郎との違い。


IMG_0701[1]
自分は豚そば派なので豚そばトリプル+野菜ちょいマシを注文。入店した時間帯が閉店1時間前…でお客さんも4,5人程度ほどだったのでそんなに待つことなく来ました。それがこちら。

IMG_0702[1]
ドーン!!いやあもうたまりませんね!!麺260グラム中盛りと390グラムの二通りの選択肢があるんですがこれぐらいのボリュームなら260グラムでちょうどいい具合の量です。あと二郎系の量の多さに抵抗がある人は麺少なめのメニューもあるので割と抵抗なく入れるハズです。丼一周に盛り付けされたチャーシューがたまりません。これぞ飯テロの王者です。
IMG_0703[1]
豚そば秀吉は味はもちろんなのですが何といってもこの焼豚がたまりません。噛み応えのある程良い柔らか具合と9枚というテンションあがる枚数なので、まずはモヤシと一緒に食べるのが定石。麺も全て食べ終わった時にまだ焼豚が残せるのは小さな多幸感が得られること間違いなしです。
IMG_0704[1]
二郎系ラーメンの系統を王道的に受け継いだかの様なゴン太麺!!いくらインスパイア店と言えどもこのカミカミとした食感を楽しめる麺でなければ二郎系インスパイアを名乗ってはいけません。うどんよりも細い。だけど通常のラーメンよりも太い。この絶妙なバランス具合が食欲をそそります。

IMG_0705
二郎系ラーメンは割と油こってりなスープが多いのですが豚そば秀吉は割とあっさり目。二郎の特徴である醤油豚骨の味をベースにしつつほのかな甘さがにじみ出ているこのスープは中毒性ありで病みつきになります。
という訳で横浜周辺で二郎系のラーメンを食べたければ正に豚そば秀吉はお勧めのラーメン店です。ただ、関内に二郎があるんですがまだ行ったことが無いので今度行ってみますかね。では今日はこの辺で。



img_0
写真元 レタスの麺ブログ

飯テロの時間がやって参りました。酒を飲みすぎて潰れた翌日の腹の減り具合は異常。
めちゃめちゃ腹が減ったのでフェイバリット・ラーメン店の豚そば秀吉に行ってチャーシュー五枚入り野菜マシラーメン行こうと思ったのですが…ゴル麺横浜店に行ってまいりました。前々から気にはなっていたお店なので。公式サイトはこちら。

店内に入ったら食券の自動販売機からメニューを選択。思えばこの食券販売機が普及しているということは注文をとるウェイターではなくロボットがやってるんですよね。その内ラーメン職人もロボットに代替えされていくんだろうか?なんて考えつつラーメンを待ち続けること10分~15分…。

IMG_0695[1]

ジャン!!早起きして午後まで何も食べていなかったので奮発して全乗せ+大盛りサイズを注文。
卵とチャーシューが実に美味そう!!ゴル麺はつけ麺がイチオシらしいのですが2番手の豪麺を注文しました。ラーメンじゃなきゃダメなんです。そんな時ってありますよね?
IMG_0696[1]
スープの味ですが醤油豚骨の王道的な味。しかしトッピングとして紅ショウガが入っておりこれと組み合わせて飲むと美味さが倍増します!!純粋な豚骨ラーメンでは珍しくないであろうトッピングですが醤油ベースの味と組み合わさるとちょうどいいピリ辛さがマッチする具合はゴル麺の発明といえるでしょう。音楽と同じで料理にだって発明は重要な要素。

チャーシューも多少厚めの太さですが柔らかさ抜群。キャベツとモヤシを一緒に組み合わせて食べることで食欲が進みまくります。この組み合わせはギタリストがオーバードライブかますのと同じぐらい定番な食べ方になってますね。まあそれがいいんですが。

IMG_0697[1]

麺はこんな感じでした。これは…卵麺でしょうかね?麺固めで注文したので食べごたえありな噛み噛み感が凝縮されてます。ただ、全乗せするとトッピングと麺がスープを吸収してしまうのでスープの量がもう少し多めでも良かったかもしれません。それでも味の品質は文句なし。

ただこれで1140円だと…うーんやっぱり豚そば秀吉か光家行っちゃうかも!?という感じでした。横浜も駅周辺から少し行ったところは激戦区ですからね。競争の激しさが察知できます。それだけ美味しいラーメン屋があるというのはそれはそれでお客としては幸運な事ですが。以上、二回目のラーメンレポでした。では今日はこの辺で。

SnapCrab_NoName_2016-4-19_1-27-47_No-00

住所:神奈川県横浜市西区南幸2-18-1 1F
営業時間:日~木 10:00~翌3:00
金土 10:00~翌5:00

SnapCrab_NoName_2016-4-10_14-33-47_No-00

このサービスたまりません。何と999円!という破格の安さで唐揚げが食べ放題+ハイボール類が飲み放題という神がかりなキャンペーンをやっていたいざくる横浜店に行ってきたんです。キャンペーン期間が今日までです。ギリギリ夜の時間帯なら空いているかもしれません。わずかな時間を見つけて行ってみてはいかがでしょうか?

IMG_0685[1]

横浜駅のみなみ西口から降りて5分もあれば着きます。5Fだてのビルにある最上階の看板が目印。

IMG_0687[1]

店内はこんな感じです。ポスターやら仮面ライダーのフィギュアや小物類がめちゃめちゃ多いです。
色の種類ってこんなにあるんだなあと関心させられるくらい何かいろいろカラフルな感じでした。

IMG_0688[1]

コンセプトが俺んち来る?的なアットホームな感じが漂うので色々ゴチャゴチャしてます。店員さんの対応の仕方も千差万別。キチンと受け答えしてくれるオーソドックスな接客をする店員もいれば友達感覚で接客する店員もいたりと実に様々。同じような接客の仕方にする必要はないですしその人の持ち味を活かせる空間を演出した方が良いとは自分も思います。吃音症持ちの自分には絶対無理ですが。

IMG_0693

早速唐揚げ注文。お通しは日によって違うらしく枝豆かキャベツの盛り合わせのどちらからしいですがこの日は枝豆。良いですね飲酒行為が捗ります。制限時間が90分ですがその間は唐揚げはいくつでもおかわり出来ます。
他の食べ物類やハイボール類以外の酒類は別料金かかるのでそこは注意。

肝心の味ですがサイズは割とミニサイズな大きさで柔らかさ問題なし!というかこの値段でこの味はコスパ良すぎです。味付けは塩、唐辛子、醤油と三種類あるので元々の味付けはあまりしてません。なのでこれら三種の神器を用いて食べるべきです。中でも醤油がおススメ。

jpg large

リバ邸横浜(現在男性住民1名募集中)の住民そろって行って食べ比べしましたが全部で97個!?の唐揚げを食しました。
元のサイズが小さいですし(コンビニの唐揚げよりも少し大きいぐらい)これぐらいはまあ余裕でいけちゃいます。酒を飲んでるとやっぱり進む進む。しかも追加で注文した食べ物類がキュウリサラダのみというストイックさ…。メインコンテンツが唐揚げですからこうなるのはもはや必然。ご馳走様でした。

という訳でいざくる横浜でのキャンペーンレビューでした。メニュー表みたら食べ飲み放題で2980円のコースもあるんですよね…。割と全体的に財布に優しい居酒屋なのかもしれないません。では今日はこの辺で。
SnapCrab_NoName_2016-4-10_15-39-15_No-00



↑このページのトップヘ