1024-cc-library010005097
maxbenny2002 / 改変 cc-library.net

コンビニやカクヤスといった酒屋で売ってるワインというのは大抵が辛口寄りのワインばかりじゃないですか?ワインなんてどこが美味しいのか分からない…あの酸っぱい辛さが苦手なんだよなぁというあなたに是非おススメしたいワイン専用の貿易会社を紹介したい。それが重松貿易株式会社なんです。ここが輸入するワインのセレクトがセンスがあって買い手のツボを突くんですよ。

キャプチャ
辛口のワインというのは自分も少し抵抗があります。飲めない訳ではないんですが…。という訳でワインに抵抗がある人は甘口のワインから飲んでみましょう。考え方が変わります。ワインといえばフランスやイタリア、アルゼンチンやチリ産がよく売られていますがこれらの国のワインは全て除外しましょう。

甘口で美味しいワインが多いのはドイツやオーストラリア、カリフォルニアです。そしてこの重松が輸入しているワインでも特にお勧めなのがドイツ産のラインナップ。
キャプチャ
重松のHPから数多くあるワインを検索してみます。ドイツ産で甘口のワインとなると8本ほど…。でもこの数の少なさがかえって迷わずに済みます。この検索結果からでるワインを全て飲んだ訳ではないですが…
キャプチャ
まずはこのカールジットマンのアウスレーゼ。こちらはワインが苦手な人ほど飲んでみた方が良いです。多分一度飲んだら止まらなくなるぐらいの癖になる甘さがたまりません。300円~500円で売られている様な安っぽい甘さとは違った深みのある甘口ワイン。 値段も1000円オーバーしますがそれに見合った味だということは保証します。



キャプチャ
お次はこれ。カールジットマンのブルーボトル。こちらのほうはアウスレーゼよりも酸味が効いた甘さが特徴的でサッパリした味です。ピーナッツ&アーモンドやチーズとご一緒にどうぞ。こちらのほうが若干安めですが飲みやすさは健在です。猫が描かれたデザインもGOOD。



 キャプチャ
そしてこれ。重松が輸入しているドイツ産の甘口ワインではこれがナンバー1な味だと断言します。ドルンフェルダーです。このワイン…単純に甘いだけではなく微妙な苦みがあるんですがそのバランスが絶妙。それは毒っ気がある音楽の方が素晴らしい作品であるという事と同じ様に。

単純に甘口のワインばかり飲んで飽きてきた時にはこれを飲んでみることをオススメする。こちらもチーズとの相性抜群。上の2本のうちのどれか1本とこちらを1本買ってみた方がより楽しめるハズ。 この味で980円はお得としか言いようがない。



いががだったろうか?意外と近くのコンビニや酒屋で甘口のワインを探すとなると見つからないケースってのはあったりする。しかも種類が多すぎてどれを選べばいいのか分からない…。となったらまずは重松を信用して大丈夫かと思います。ここが輸入してるワインも何種類か飲みましたがハズレは一切なかったですから。ワインもある意味レーベルで買う様なモンですね。では今日はこの辺で。


ドイツ産で言えばこのマドンナも甘くて非常に美味。特にこのワインはチーズをおつまみにして飲む事で他のワインと比べてより上手さが倍増します。ある意味チーズがあって初めて本来の美味さがでるワインです。