3ad7e40f5b720d006f28e28e0c673664_s
無名のバンドマンやアーティスト達というのはイベント終了後にライブハウスやクラブで憧れのアーティストと音楽の話しをしたい。または自分をアピールしたい。はたまた自分達主催のイベントに出演してもらいたい。と思うモノ。中にはちょっとでもお近づきになりたいが故についついヨイショしちゃうアーティスト達もいるでしょうが…

時間の無駄です。自身の音楽スキルを磨きましょう。
1024-cc-library010006964
正直にいいます。あえて恥ずかし気もなく言わせて頂くと自分もそういう時期がありました。一時期はライブを見るよりかはその人と話しがしたい。何とか対等な位置だと思いこみたいという今思うとチョーーーー恥ずかしくてイタイ人間だった時があったのです。

もちろん自分のデモ音源を聴いてほしいと本人に手渡したり、ダメ元で出演オファーをだすことは決して意味がないということはありません。しかし必要以上に接触したがるのは無駄な行為です。

そう。自分より地位が上の人間に真に認められる為には自分自身も同じ位置に居なくてはならないのです。でなければ関心など持ってもらえません。

そりゃあ自分の音楽のファンでいてくれてるんだからあなたの事を悪くは思わないでしょう。ただ、共作したいだとかイベントに誘われることは皆無でしょう。何故なら自分より下の人間にそんな事をしても何の意味もないからです。

あくまで作り手と受け手の関係で成り立っている状態なので同じ同業者仲間とは見てくれないのです。何だか恋愛に似てる。

行動を起こすか、同じ苦難を共にすることで仲間意識が芽生える。
1024-cc-library010001397
著作者 reynermedia

過剰なお近づきモードというのは相手はすぐに見抜いてしまうものです。単純にこの人は自分に媚を売ってるだけだと上の人間に思われても何の意味があるんでしょうか?

大事なのは行動に起こすか、それとも大きなプロジェクトを共にやり遂げることで対等な地位を築けるんだと思います。

自作の音源を聴かせてこいつはヤバイと関心をもたせる。ライブの集客数を増やす。またはイベントの主催者としてオファーしたミュージシャンにこいつは凄いし根性もある!と思わせるくらいの宣伝活動での努力に励むといった方法が挙げられます。これは仕事やバイトで稼いだお金を憧れのアーティストに投資することよりもずっと難しいこと。

しかしこの過程で生まれるのは一つの信頼です。昨今の現代社会はお金と信頼が逆になっててお金ありきな風潮がありますがそれは大きな間違いで信頼があるからこそお金が生まれるんです。
自分用のメモという意味も含めてこんな記事を書きましたが今日はこの辺で。


媚を売るのではなく魂を売るという意味で。Tha Blue Herbの2ndを聴き直そう。