2nd_live_600
良いライブを見た後はついついSNSで語りたくならないだろうか?ジャンルを問わず数々のアーティストのライブを見に行きましたが彼らほどライブの内容を誰かに伝えたくなるアーティストはいません。それがインダストリアルなハードロック・メタルを発信する熱き男jMatsuzaki!!


 

写真 2016-06-10 18 15 43
会場は西川口Hearts。

さて…ライブをやってるがお客さんがこない…集客は我々音楽家には永遠に悩まされるテーマ。だから少しでもいいライブをして新規のお客さんを作ることに皆必死。それは朝起きたら歯を磨くのと同じぐらい当たり前のことです。
写真 2016-06-10 18 15 54
そこで…ライブを見に行ったjMatsuzakiというアーティストに注目することで参考になる部分は沢山あるはず!そう思わずにはいられなかったjMatsuzakiのライブレポです。これだけやってお客さんが増えなかったらしょうがない…と思うぐらいにまで非常に緻密に考えられたライブを展開していた。
写真 2016-06-10 18 27 11
ライブ会場に着いたらこんなシールステッカーを渡された。jMatsuzaki氏目当てのお客さんはこのシールに名前を書いて服に貼り付ける。

つまり同じアーティストを見に来た者同士、初対面でも会話がしやすく繋がりが生まれやすい。それはファン同士のコミュニュティーが形成されるということ。ライブ開始前から既にここまで周到に気配りが出来ているアーティストなんて早々いません。
写真 2016-06-10 18 28 18
物販コーナーの充実さもキチンと音楽活動していますよというアピールになる。彼らはまだライブをやり始めて二回目。普通駆け出しのバンドが2回目のライブでここまで準備してるケースなんてのもほとんどない。音楽で利益を得たいというjMatsuzaki氏の真剣さが伝わってきます。
写真 2016-06-10 19 12 13
前のバンドのライブが終了し、セッティングタイム。ここでもjMatsuzaki氏は抜かりがない。バンドメンバーが機材のセッティングをしてる最中、彼はブロガーでもありセミナーや講演会も行ってるので喋りのスキルを活かし、ライブ開始前に前説パフォーマンスを行った。

自分の半生をさらけ出し、過去にロックミュージシャンから影響を受けた衝撃や衝動を今度は自分がお客さんに伝えたいと紳士的でなおかつユーモアあふれた口調で喋りをこなしていく。この前説だけでもお客さんのヴァイブスは上昇。彼らのライブには特別感がパッケージングされてるのが伝わってくる。
写真 2016-06-10 19 29 24
そしてライブがいよいよスタート。jMatsuzaki氏は事前に演奏する曲をメールやSNSを通じて発表している。音楽というのは自分が聴いた事のある曲の方が盛り上がりやすいというリスナーの心理を読み取った上で彼は告知している。そういったライブを楽しむにあたっての事前の宣伝活動の仕方もおもしろいので是非こちらを一読。
jmatsuzaki氏の意識高い宣伝活動は見習うべき。

写真 2016-06-10 19 41 04
怒涛の様に楽曲が展開されていく中、お客さんのテンションは最高潮。前説で3度も言い放ったjMatsuzaki氏が一番伝えたい事…うろ覚えですが「叫びたければワァー!!跳びたければwow!!周りが黙っていたらI'm Lucky Boy!!」というキャッチフレーズはお客さんにビシバシ響いたと思います。

jMatsuzakiが生み出した共感が大きな渦となって会場を支配。正直2回目のライブでここまでお客さんを楽しませてライブをするバンドは見たことが無いです。次のライブも見てみたい…そう思わせる理想的なshowcaseでした。出演順が2番目なのにもかかわらずアンコール発生。普通に考えればありえない事態です。
unspecified
金曜日の平日というお客さんが中々こない状況でここまで人が入り込んでいるのもそうそうないです。この写真はステージから撮った写真ですが、最後にはなんとjMatsuzaki氏が脚立を用意し、お客さんをステージに上がらせる!!これってFUGAZIじゃん!!

こんなパフォーマンスが楽しくない訳ないんです。正にその会場でしか体験できないお得感を提供してて完全に面食らいました。

普通ライブをするとなったら、まずは機材のセッティングから始まり曲を淡々とこなし、MCをほどほどに挟み、次のライブの告知をするという進行の仕方がいつの間にかテンプレート化して気づいたら皆同じ様なライブをしているんじゃないか?と気づかされた良い機会でした。

自分自身でいつのまにかリミッターを設けてしまうことで可能性や気づきを得られずにただライブをこなしていくだけでは今の音楽シーンをサバイブ出来ない。

jMatsuzaki氏のライブを拝見してそんな事を教えられた気がします。再度言います。一回のライブにここまでコンテンツを注ぎ込んでますがこれはクアトロや渋谷wwwでワンマンライブが出来るクラスのバンドでもやっていません。

これだけお客さんのことを意識してるjMatsuzaki氏には今後どんなライブを行っていくのか?それが楽しみでしょうがありません。では今日はこの辺で。