1024-cc-library010004034
著作者 Thomas Hawk

SpoitifyやAWA Music、Apple Musicといった音楽ストリーミングサービスが結構普及し始めてますが遂にここまできたか!?と言いたくなるぐらいのサービスが最近出始めました。それがLIVE3SとSonar-uです。

音楽データだけでなくライブイベントも定額制に!?
SnapCrab_NoName_2016-4-11_23-32-48_No-00
まずはこのsonar-uから。こちらは文字通りライブハウスを主流な対象にしたサービスです。ストリーミングサービスと同じようにライブを定額制にする発想に驚きましたね…。しかも1600円という破格の値段…。日本のライブハウスは一見さんには敷居が高く、一回のライブに行くとしてもチケットが平均して2500円前後でドリンク代(大抵500円)も含まれてこの値段になります。

ライブハウスに通う人なら分かると思いますが一回ライブハウスに行くだけでも交通費や飲食代なども含めて少し使いすぎたかな…?と感じることも多々あります。
これでは気軽に会場に足を運ぶことは難しいでしょう。しかしそこからストリーミングサービスをヒントにこういったサービスを作り上げるとは…。驚きです。
SnapCrab_NoName_2016-4-11_23-36-50_No-00
この様に今日はどこどこでライブがありますよといった告知が表示されます。↑の文章の付け足しですがこのサービスの素晴らしい所は定額制にすることで気兼ねなく頻繁にライブハウスに行ける事なんですよね。しかも一ヵ月で100本という出血大サービスぶり…。

割と自分も知り合いのライブに誘われることなんかもあるのですがライブハウスで使う額を考えたらそうポンポンと行けませんからね…。神奈川県内でライブしてくれて尚且つこのサービスを使えたらもう音楽レーベルの新人発掘担当の社員並みに行きまくりますね。でも酒は控えないと意味ないんですね…。うーん凄いぞSonar-u!!

SnapCrab_NoName_2016-4-11_23-49-18_No-00
ストリーミングラジオ系のアプリによくある今の自分の気分に合わせてどういったライブが開催されているのかもこういった選択肢の中から選んで行くことが出来ます。カイジの遠藤さんじゃないけど何事も物事は応用だな…。

クラブ系ならLive3sをチェックしておきましょう!

SnapCrab_NoName_2016-4-11_23-58-50_No-00
SnapCrab_NoName_2016-4-11_23-33-12_No-00
チャラそうなキャッチコピーですがこちらも魅力的。正直、こういった定額制の体験型コンテンツはライブハウスよりもクラブの方が相性が良さそうな気はします。単純に自分の好きなジャンルをかけてくれるDJがいるクラブに行き放題ならお客さんも来るでしょうし。ただいまキャンペーン実施中です。こういうものは早い者勝ちですからね。とりあえずメールアドレス打っときました。

こちらは値段が少々高めで3900円。なんですがハシゴできる回数は何と無制限!!追加料金なし!!しかも電子決済で済ませられるのでエントランスでいちいち現金を支払う必要はないという便利さ!こちらも魅力的なサービスです。クラブのイベントはライブハウスと違って中には値段が高めに設定されてるイベントもありますからね。sonar-uと同様こちらも面白そうです。個人的にR-loungeが加盟店になってるのは有難い…。

SnapCrab_NoName_2016-4-12_0-9-42_No-00

ハッシュタグでさっそく呟かれていますが、凄いと思ったのがクラブに無関心だったりあまり行かないユーザーですら興味を持ち始めてるという流れが起きてます。

それがどうかしたのか?と思うかもしれませんが、この無関心な層に来てもらうための方法をライブハウスもクラブもどうすればいいのか長年かけても答えを見つけられていなかったんです。ここ数年で老舗的ポジションだった場所が潰れていったのはこういった理由も含まれています。

主観的意見になりますがこの定額制でイベントを楽しめるコンテンツは革命的だと考えてます。特に生で音楽を体験するのには結構敷居が高いと言われているこの国では。何故音楽から離れていく人間が増えるのか?

それは一回のイベントの料金の高さというのが数多くある内の1つの要因になってるのは間違いないでしょう。しかしこういった金銭面の負担を軽くして音楽に触れる機会を増やそうという試みはこれからの日本の音楽シーンにとって非常に重要な点であることは言うまでもないでしょう。

音楽を体験しなければ音楽好きな人間は形成されません。音楽好きな人間がもっと増えないと国内の音楽家は音楽を仕事にすることなんて出来ません。単純にその逆の流れが出来れば活性化が生まれるかもしれません。まだ始まったばかりのサービスでこれからどうなるか?な感じはありますが正直、このサービスはスマホの普及率と同じぐらいにまで到達してほしいですね。では今日はこの辺で。