maxresdefault

山崎邦正がもつ音楽的才能の素晴らしさを知ってる人間はどれくらいいるだろうか?すっかりやらなくなってしまったがガキの使いの企画で山崎が印税欲しさに作詞・作曲してヒット曲を作るというものがありましたが今でもたまに聴きたくなる中毒性があるから凄い。完全に無視してるレコード会社とかもう馬鹿ですね。救いようがないとしか言いようがありません。



記念すべき第一回目。普通、一人のアーティストの力量なんてのは2,3曲聴けば分かると言われているのに山崎が作った4曲はどれもこれも作風が違うし全ての曲に違った魅力があって実に素晴らしいじゃないですか。TM Revolutionだとか浜田省吾のパクリだろとかそんな野暮なツッコミはいらないんですよ。
本人が断固としてオリジナルだと主張してるんだから問題無しです。本人も浜省は忘れたとか言ってるんだから大丈夫。やましいとこは一切ありませんね!!
あと何が凄いってこれらをたったの4時間で作ったという…まさに天才としか…!!ドラゴンクエストの序曲を5分で作り上げたすぎやまこういちと双璧をなすぐらいの手腕ですよ。信じられません。



これなんて夏の出来事をわずか3,4分という尺の短さで凝縮した大曲ですね。メドレーとか言ってますけどこれはメドレーではありません。もはやプログレです。遠く離れた男女の出会いをこんな短い時間で起承転結にまとめた山崎邦正の作詞力と作曲レベルはとんでもないですよ。並のアーティストではこんなこと出来ませんから。

しかも最後の忘れられないSummerの部分は一度限りのSummerというたった一言の歌詞なだけなのに切なさを連想させます。それでいて曲調はポップで明るいというミスマッチさが楽曲の魅力を何倍にも引き出しています。エンディング部分でこんな高等テクニックをもってくるとか…出来る男はこういう所で差を感じさせますね…。



この男の才能はこの回で爆発してます。浜田と田中ペアのハードロックチューン「DaDaDa DiDi Da-Da」が個人的にお気に入りのナンバー。作詞をする時はいちばん主張したい部分はサビにもってきてなおかつ曲のタイトルを歌うのが王道ですが山崎はそこに捻りを加えたアレンジでオリジナリティーを醸し出しています。何が凄いってサビ前のAメロ終わりで曲のタイトルをもってくるという意外性が面白いですね。リスナーの予想だにしない所を突いてくるという大胆さが最高。B'zだったらこんなアレンジは絶対にしない。間違いない。

そして最後の曲。「ガキの使いやあらへんで」…どことなくビートルズっぽいですがパクリではなくこれはオマージュです。リスペクトってやつですね。beatlesのI Feel FineA Hard Days Nightをうまい具合にミックスさせたイントロが最高。さすがのoasisでもここまでまんま使いな曲はやりません。ある意味この曲はoasis以上にパンクです。

なのに歌詞の内容がめちゃめちゃポップなのが大人を小馬鹿にして尖った反抗心すら感じさせます。やはり山崎邦正…ただ者ではありませんね。
BandCampで配信販売したり自主レーベル設立してアルバム作ったら絶対買うのになぁ。こんなくだらない記事でもちゃんと構成を考えて書いてるんですよ!!誰にも文句は言わせない。
では今日はこの辺で。