1024-cc-library010007348

楽曲制作をする上で今まではインストのエレクトロニカばかり作っていたので楽器とPCがあれば問題なかったのですが今後はボーカルも録音していくのでマイクを購入する必要があります。
マイクと一口に言っても値段もピンキリで様々な種類のマイクがあるのでどれにするか?自分用のメモという意味も含めての記事になります。

ダイナミックマイク

sm58

皆さんがイメージするマイクといったらやっぱりこれですよね。ライブハウスにはもはやこのマイクが置いていない場所がないぐらいのスタンダードクラスであるSHUREのSM58です。本来ライブ会場で使われることを想定されて作られているので頑丈さについてはピカイチです。

一般的にレコーディングとなったらコンデンサーマイクを使うことが普通ですがやり用によってはこのマイクでもボーカルは録音できます。ただ、ダイナミックマイクは繊細さに欠け、敏感な音や小さい音を録ることについては性能を発揮できないという短所もあります。音の大小を含めたダイナミクスが得られにくいマイクだとも言えるでしょう。とは言ってもやはりボーカリストであるなら現場で使おうがレコーディングで使おうが一本は持っておきたいマイクとも言えます。



コンデンサーマイク

20010401-05-001

やはりレコーディングとなったらコンデンサーマイクを使うのが一般的です。こちらの方が値段は張りますがその分、音がよりクリアに録音することが可能。自分も買うとなったらやっぱりコンデンサーマイクの方かなと考えています。ダイナミックマイクと比べて頑丈ではないしデリケートに扱う必要がある繊細なマイクなので保管方法には気を使う必要があります。そのかわり音質は抜群にこちらの方がキレイに録ることが可能です。

ダイナミックマイクとは違い録音できる音量の振れ幅が非常に大きいのでボーカルを録音中に周りの音が偶然録られてしまったりします。そこでポップガードサスペンションホルダーリフレクションフィルターといった周辺機器を揃える必要があります。お金がかかりますが質を高めるのであればやっぱりこちらのマイクの方がいいでしょう。



個人的に狙い目なのはAT2035でしょうか。色々とレビューや動画を見たりしましたがコンデンサーマイクは購入経験0なのでコスパ低めの機材を購入するところから始めるしかないです。

番外編

超高級マイクメーカーNEUMANNのマイクはこんな値段。

u87
有名所のメジャーアーティストが使う様なレコーディングスタジオ、または数々の名盤が生み出されてきた伝説のスタジオなんかには置かれているであろう高級のコンデンサーマイクで有名なノイマン制のマイクの値段がこちら。安くてもこんな値段。高かったらヴィンテージクラスのギターが買えちゃう様なプライス。あのJames Blakeも愛用してるメーカーです。
 

なんでこんなに高いのか?そもそもそんなに性能がいいのか?
実際にJames Blakeの音源なんて腐るほど聴いたけどこんなに高いマイクをつかってるとは思わず。もうね、ノイマンのマイク職人に先にあげた安めのマイクとノイマンのマイクをブラインドな状態で聴き比べてどっちの方がノイマンなのか当ててほしいくらいに問い詰めたい。
では今日はこの辺で。