hiphop_mcbattle

前回の記事ではMCバトル名勝負編でしたが今回は迷で珍?なMCバトル動画をいくつかピックアップしてみます。多分こっちの方がヒップホップ未開拓リスナーだったら楽しめるかもしれません。
こうやって見ると一口にMCバトルといっても単純なDISりあいではなく様々な流れを含んだ多様性のあるコンテンツなんだなと関心させられますね。

MCポテチの大苦戦編



UMB優勝者のR指定VSポテチの動画なんですがこれはいくらなんでもお客さんがR指定の肩もちすぎでしょ!いくらなんでも!!いやいやポテチもR指定にはないゲームネタから引っ張るコミカルな一面をもったMCなのにこの結果はひどすぎる!
…ただこれはR指定がほぼ完璧にアンサー返しちゃってるしポテチが弱いんじゃなくてR指定が上手すぎた面もありますね。



音源もあります。ネーミングと一致したかの様な素晴らしいジャケ。経歴みたらフジロック08に出演してるし銀杏ボーイズと共演もしてるしキャリアはあるんですよね。今はMCバトルに出場してる情報もないし引退してるんだろうか?うーんもっと評価されるべきラッパーの1人。

熟女好きな男と39歳女性ラッパーのなれそめ編


プリンス OF ヨコハマラッパー、サイプレス上野と群馬が生んだ暴れ馬NAOMYとの男女対決です。
…なんですが対決のはずがいつの間にかアラフォー貧乳独身ラッパーを口説く熟女好きラッパーという展開になってしまってます。既婚者でありながら19歳の娘をもつ女とも一晩を共にしたサ上最低。
MCバトルでよくある「俺のがヤバイ。コイツはクソなMC」という典型的な悪口ラップをすることなく自らの弱みを笑いありで曝け出せるNaomyこそヒップホップドリームを掴んでほしいラッパーだと思います。橋田寿賀子に捧げるハート、それがHardCore。パンチライン炸裂してます。
 

cats
スタンド使いは引かれあう編




二人一組で対決しあうMCバトルですが途中の1:30辺りからスタンド使いの対決が始まります。環ROYのスタンドと化した鎮座ドープネスの様子がおかしいです。薬やってんじゃないかってぐらいラリってます。
ヒップホップも鎮座も知らない人からすればただのキチガイにしか見えません。
MCポテチはマリオでギャグラップするわ鎮座はスタンドとなって暴れまわるわライムボーヤは「You are 環ROY、俺の方が肌が白い」なんていうそれがどうしたレベルのダジャレライムをきかせるわでマトモにラップしてんのは環ROYしかいません。



環ROY…この動画では正統派な上手さのあるラップをしてるんですが去年の池袋ルイードでライブを見た時はろくに演奏も始めずサンプリングしたたき火の音を延々と垂れ流しながら「どうする?これで俺のライブ終わったらどうする?」とかのたまって終いには曲を演奏した時間よりもMCの時間の方が長かったと思わせるぐらいグダグダなライブを見る羽目になったのを俺は未だに忘れない。お客さんも何人か帰りましたからね!狐火とバクバクドキンが見れたから金はまだいいとして時間を返せ環ROY。では今日はこの辺で。