結婚式では正規購入した配信曲は使えず市販のCDしか許可されてないという記事が…。http://www.yomiuri.co.jp/national/20160112-OYT1T50109.html

ホント驚きですね…一体いつの時代なんでしょうか。一部の著作権団体が幅をきかせててそうせざるを得ないんでしょう。
馬鹿らしい…ホントに馬鹿らしい。というか普通にクレジットカード決済の履歴だとかその時のスクショで証明できたら配信曲でもいいのでは?

こちらが一般社団法人 音楽特定利用促進機構(通称Isum)のHP。http://isum.or.jp
試しにサービスの利用料金見てみたんですけどこれってどうなんでしょうか?

高めな値段設定…。システム料ってそもそもなに?


これ…アーティスト側にちゃんと利益を払ってこの料金システムにしてるのかいささか疑問なものです。

日本の著作権団体の中にはきちんとアーティスト側に利益を支払ってるケースもあるにはあるので闇雲に批判はしませんが…ただこの前時代的なやり方で音楽は発展していくのか?答えはNO。
ハッキリ言って時代の変化に対して柔軟さが無さすぎるんですよ。
ストリーミングサービスみたいに一定の料金を払えば何曲使ってもOKみたいにならないんでしょうか?
多分、利益よりも宣伝面が優先されるだろうからやらないんだろうな…。目先の利益が第1だもんねこの人達。
ただ、JASRACやIsumにも未登録、またはロイヤリティーフリーな楽曲はどうなるんだろうか?そういった曲をBGMにしたり演奏者を直接呼んでライブをしてもらった方が面倒なしがらみはなくなるかも…?こういった選択肢もチラホラ出てくるかもしれませんね。では今日はこの辺で。

{ライブスケジュール}

ライブのチケット予約方法はokcomputer1969@yahoo.co.jpまで氏名と枚数を記入の上、メールを送りください。

1月23日(Sat)大宮ヒソミネ