image

最近MCバトルにハマりつつあるんですがこれが面白いんですよ。ロック畑から音楽を始めた人間からすれば通常の対バン形式のライブがほとんどでステージで面と向かって勝負をするっていうのは中々ありません。相手を罵って上手くDISった人間が賞金つかめるジャンルなんてヒップホップだけですよ。



賞金かかってる勝負ですから皆さんそれは必死です。Dotamaのラップが個人的に好きです。全然ラッパーらしかぬ非B-BOYな服装で相手をDISるスタイルはDotamaが発明したオリジナリティーだと思います。



ルールは簡単。じゃんけんをして先攻と後攻を決めてからトラックに乗せてフリースタイルにラップをする。そしてどっちのラッパーがカッコよかったのかはお客さんの歓声の数が多い方が勝ち。同じぐらいだったら延長戦に突入。基本的に韻のふみ方が独特で上手ければ上手いほど勝ちやすいのかなと推測。リリックの内容も大事ですが通常のライブと比べてMCバトルはスキル面が重要視されやすい分野かもしれません。



ヒップホップの世界に年齢や性別は関係ありません。若手のラッパーはもちろんですがこの動画の女性ラッパーNaomyは39歳!アマチュアで成り上がりたいラッパーからアンダーグラウンドのベテランのMCまで数多くのヒップホップジャンキーが頂点を目指してマイク一本で戦っていくんですねぇ。



自分が自ら言い放ったリリックの内容が仇になって不利になってしまうケースもあります。場合によっては観客の声の大きさが残酷さを生み出すことも珍しくないのでしょう。まさに一触即発で緊張感と熱さが交わるこの熱量がたまりません。笑いあり涙ありなアツイ青春が感じられます。一回生で見てみたいもんです。



こちらはUMBでのバトル。全国のラッパーの中で県予選を勝ち抜いてきたラッパーだけが参加を許される特別なMCバトルイベント。賞金は100万円!!マイク一本で100万掴んだラッパーとかカッコよすぎです!!
両者とも善戦を繰り広げますがこのバトルはR指定の韻のふみ方が即興とは思えないぐらい上手くてこれはR指定に軍配が上がっちゃうかな…。
でも最後の勝負が終わった後の二人のやりとりにはグッとくるものがあるしその後のDotamaの去り際の一言も熱いですねぇ。
この二人の大人達のやりとり…まさに青春の群像劇と言えるでしょう。
こういうイベントがあるのを知ったのは今年なので来年こそは!!戦極MCバトルに行ってみようかな。ではでは今日はこの辺で。