IMG_0386[1]
12月15日…この日は下ネタのナポレオンことクリトリック・リスのワンマンライブに行ってきました。
場所は渋谷www。知らない人向けに以下、wikiより引用。

クリトリックリスアー写メイン

2006年10月 音楽経験のまったくなかったサラリーマンのスギム(当時36歳)は、行きつけのバーの常連客達とバンドを組む。しかし初ライブ当日に他のメンバー全員がドタキャンし、やけくそになりリズムマシーンに合わせてパンツ一丁で行った即興パフォーマンスが「笑えるけど泣ける」と口コミで話題となる。

関西を中心にライブ活動を行ってきたが、2012年に仕事との両立が困難となり脱サラ。東京や地方でのライブも精力的に行うようになる。

2015年2月4日 井口昇監督によるMV「バンドマンの女」を公開し、同時に同楽曲の配信も開始された


紹介文からしてもう面白すぎです。今年の二月に自分が企画したイベントにも呼んで出演してもらって以来ライブにも何度か足を運んでいます。初めてこの人を知った時はまさかここまで関心が向くとは思ってもいませんでしたが世の中分からないものです。

IMG_0379[1]

チケットは何とソールドアウト!!

通常、ソロアーティストといのはバンドと違ってどうしても集客面で劣ってしまう面があるのですが渋谷wwwのキャパ450を埋めるという難題を見事達成。多く見積もっても250人が想定内だと予想していたらしいですがその倍は来てました。会場はもうパンパン状態。10年の歳月をかけての集大成だと思います。
予定の開演時間から10分~15分遅れてようやくスタート。始まる前から「おいハゲ!早くしろ!」「そんな事だからフジロック出られねえんだよ!」「もったいぶってんじゃねえぞハゲ!大御所気取りか!」など野次が飛び交う。大阪の難波ベアーズですかここは。

そんな中ようやく登場!!かなりブレてますがプロレスラーのビッグバンベイダーのハリボテなコスプレ姿で登場!!

IMG_0361[1]

IMG_0364[1]

クズすぎる会社の上司を歌った曲「柳瀬次長」からスタート。くまのアーノルド、ライス&ライス、Bus Bus ロックbarブラックナイトとアルバムからの曲はもちろん。音源化されてないけど定番の曲もどんどん演奏していく。
ライス&ライスで前から後ろまで一斉にお客さんをコール&レスポンスさせた瞬間は大物の風格が漂っていました。焼きめしとライスの事しか言ってないのに…46歳のハゲのオッサンなのに…いやあカッコよかったです。

IMG_0377[1]

IMG_0370[1]

お客さん側の方に降りて縦横無尽に歩き回るのはこの人の定番。お客さん全員にもみくちゃにされてました。「俺の頭に触れるとハゲるぞ!」「水曜日のカンパネラの方がもっと盛り上がってるぞ!」「後ろで黙って見てるチェック柄の兄さん!もっと盛り上がってくれよな!」などワイヤレスマイクの性能を十分に活かしたパフォーマンスで会場全体が熱気に包まれてました。いやいや水曜日のカンパネラ以上に輝いてましたよこの日のあなたは。46歳の体力をフル活用して動き回っていたので写真とっても残像ついちゃいまいした。

IMG_0374[1]

ライブも終盤に迫り、代表曲のバンドマンの女と桐島バンドやめるってよの二曲を演奏していたときは少し泣きそうになりながら歌ってる様に見えたのは気のせいかな…?ここまでくるのに色々辛い思いや悲しい出来事があったんだと思います。久しぶりにライブで感動して涙が出ました…。

活動して10年目になるらしいですがその過程の中で周りのバンドマンが音楽辞めていったり…昔から応援してくれていた人や親しい音楽仲間が病気で亡くなったり、対バンしていたバンドがどんどん売れる様になって自分だけ取り残された思いもしてるだろうし、42歳というもう後戻りがきかない年齢で脱サラして収入が5分の一に減少。

そういった辛い出来事や覚悟を乗り越えてチケットソールドアウトのワンマンライブを実現させたというストーリーにただただ感動しました。ハゲおめでとう。ハゲありがとう。これからもパン一スタイルで絶叫し続けてほしいです。
IMG_0380[2]

1時間半~2時間のライブをこなした後にアンコール。なんとトリプルアンコールでした。
最後の最後はスギムさんに縁のある大阪勢の面子もステージにあがってoasisのDon't Look Back in angerを大合唱して笑いに包まれて終了。
十三ファンダンゴの名物店長の加藤さん含め、ギャーギャーズやおとぎ話、NDGなど関西、関東問わずクリトリック・リスつながりのバンドマンも応援に駆けつけてました。
本当に素晴らしい時間を過ごせて何より。チケット代がワンドリンク込みで3500円…その値段以上の楽しみと感動がありました。
先日見に行ったBattlesのライブでも思いましたが良いライブを見た後はやっぱり音楽って良いなあと実感する。感動を与えられた側から感動を与える側へシフトチェンジ出来る様がんばんらんと。そう思えた夜でした。



12月に発売された初の全国流通のアルバムです。46歳のオッサンがリリースしたデビューアルバムが今やタワレコやディスクユニオンで品切れ状態が続いてます。ありえない事です。若手のミュージシャンだけをピックアップしていたそれまでの音楽業界にも変化が訪れようとしています。
笑えるだけじゃなくて泣けるという2つの感情が共存する作品を作ってるのは今のところ彼しか見当たらないんです。とんでもないオリジナリティーの持ち主としか言いようがありません。では今日はこの辺で。



Call It Anythingのサンプル音源をフリクルで無料DLできます。
{ライブスケジュール}

ライブのチケット予約方法はokcomputer1969@yahoo.co.jpまで氏名と枚数を記入の上、メールを送りください。

12月26日(Sat)大宮ヒソミネ
今年はあとこれ一本のみ!!