無名音楽家アブロニカの戦慄なリアルと最前線

ヒップホップ・ポストロック・エレクトロニカを主軸にしたラッパー&トラックメーカー、アブロニカのこれからを赤裸々に書き綴り。 日本中の90%を占める底辺音楽家のリアルと実情、日々思うことを書き殴ります。まれにDISリスペクトな記事あり。 無料の楽曲DLが受け取れるフリクルメルマガ配信中 http://frekul.com/artists/profile/call-it-anything

2017年01月

businessmen-152572_640

ネットビジネス…都会には怪しい団体が沢山あるが、そういう地域に住んでいる以上、いつどこで勧誘されるか分からない。まさか自分がそういう人たちに遭遇するとは思ってなかったし、せっかくだから思い出話でもしてみようと思う。結構前の話だからうろ覚えですが…。この記事を読んでるあなたにも、こういった出来事は十分に起こりうるということを覚えた方がいいですよ。

怪しい爽やか系男子とエンカウントする。
man-1351317_640
SNS関連のイベントでとある男性と知り合った。人当りもいいし、爽やかな印象…自分と同じ音楽好きだし良い人そうだなあと思ったので、一応連絡先を交換しておいた。

その人は何やら新しいビジネスを始めたいんですと言って、今度自分が尊敬している人に会わせたいので、予定が空いていたらまた会いましょうという約束もした。

その時に読んでほしい本があるので、事前に読んでおいてくださいと言われて、何の本か覚えてないけどくだらなそうな自己啓発本だった気がする。まずこの時点でなんか怪しい。2回しか会ってない…しかもお勧めですよと言うのではなく、読んでおいてくださいと念をおしてきた。

もちろん買う訳もなく、一応約束はしたので尊敬しているという人と爽やか系のA君と3人で会うことに。その時は特に勧誘もなく終了。

数日後に連絡がきて、今度自分がやろうとしているビジネスのエキスパート達が集まる説明会があるので行きませんか?という内容。そうこうして大きなビルにある会議室でとある企業の説明会は行われた…。

その企業は…ニューウェイズ!!
presenter-1206345_640
で、でた~wwwwwww嘘か本当か怪しいくせに年収1億稼ぎましたアピールして無駄に意識が高そうな奴wwwwwww

簡単に言うとそういう人たちが続々でてきて、私はニューウェイズのビジネスを始めて人生が変わった!年間でこれだけ稼いだ!!ヘリコプターを使ってお気に入りのラーメンを食べにいった!!など、2~3時間かけて成功秘話を延々と聞かされました。

そんだけ稼いでいる人が沢山いるのに、なんで普通の会議室でやるんですかね…?もっと派手派手にして説明会のイメージも変えるくらいのエンタメなコンテンツにしてもよかったと思うんですが。

ちなみにこの時までは存在すら知らなかったんですが、ニューウェイズについてはこちらをどうぞ。まあアムウェイとほぼ似たようなもんです。

驚いたのはニューウェイズでネットビジネスを始める際には、ビジネスを始める際の教材や、有益な情報が得られるイベントの参加費なども含んで10万円ちょっとを投資しなくてはいけないということ。

なので、この時点でもうアウトだなと思いました。なんですがこの後の交流会に誘われたのでしょうがないけど行ってみるかという、わずかな慈悲心で行ってみました。
先入観によって人は簡単に騙される

womens-1540598_640
おかしいな…おかしいな…。なんで億単位稼いでる人間が連れてった場所が、一人3000円で済むような大衆居酒屋なんだろうと疑問に思いながらチョビチョビ飲んでました。

そこは太っ腹でもっと豪勢な食事ができる場所を予約しとけやと思ったけど、もうあの空間は怪しさ満点でした。新興宗教に近かったです。

たった数時間の話を聞いただけで、嘘か真かはっきりしない成功者らしき人物と話がしたくて人が群がるんですよ。あれは怖かったですね。まあそれだけ騙すのが上手いというか、心理的に人間の弱い部分を絶妙に突いてるんだと思います。

お前ら落ち着け…!!もうちょっと疑いの心を持て…!!確かに彼らは成功者なのかもしれないけど、それを決定づける証拠が何一つないんだぞ…!!なぜ群がる…こんな奴らに…!!というカイジにも似た心境でその風景を見ていました。

というのが一部始終でした。この時には、「あ、この人たちは世の中を生きていく上で関わっちゃいけない人たちなんだな」と直感で感じたので、一番初めに出会った爽やか系青年のA君とも関係を切りました。それ以降勧誘も一切ないのでまだマシかなと思いますが。

なので皆さんもこういったネットビジネスの勧誘に引っかかる前に、事前にこういう人たちがいるんだという情報を知っておきましょう。事前に回避するのが一番理想ですから。うまい話には裏があるものです。では今日はこの辺で。

guitar-1245856_640
今ではヒップホップに浸かっている自分も数年前はバンドミュージック側にいました。実際にバンドを組んだり、ライブをやったり見に行ったりと活動してたんですが、かっこいいバンドにはある一つの共通点があることが分かりました。

メンバー全員に華があるバンドこそが最高。
musicians-on-the-beach-1605018_640
これです。自分が好きになったバンドは大体この要素があてはまるんです。見ていて飽きないし、なんか強そうじゃないですか。合体ロボットみたいでどのメンバーが欠けても駄目なバンドというのは総じてかっこいいものです。

The Whoが良い例です。どのパートも自己主張してるし、いなくてもいいメンバーというのがいません。60年代という時代にこれだけのメンツが集まって、それでも一つの演奏として成立しているのは奇跡的かも。



Led Zeppelinも当てはまります。メンバー全員が後進のプレイヤーに影響を与えたバンドなんて他にいません。ハードロックやメタルの礎を築いた偉大なるバンドで、もはや説明不用。今では伝説扱いされてるバンドですが、デビュー当時はメディアから総じて叩かれたのは有名な話。



邦楽のロックバンドでも沢山いますね。やはり彼らの存在は無視できません。今ではZazen Boysのボスとしての印象が強いですが、向井秀徳が結成したNumber Girlも強靭な一体感が感じられるバンドでした。お客さんがライブ中にメンバー全員の名前を呼ぶバンドなんてそうそういません。解散以降もフォロワー的存在が後を絶たない偉大な発明をした人たち。



インディーバンドで言えばGezanもそうです。通常バンドというのは、例えば4人組みだったらその内の2人ぐらいが重要な存在で、残りの2人がぶっちゃけ代わりがきく様な人たち…というのが多いんですが、彼らはメンバー全員がとても個性的。ドラムのシャークが脱退して、新ドラマ―を迎えての再スタートからどうなっていくのか気になるとこ…。



以上、他にもいっぱいいるんですが数が多すぎても無駄に長くなるだけなのでここらへんで。やっぱりバンドはワンマン系よりもメンバー全員が光っている方が個人的に好きです。バンドを結成しようとしている人に参考になれば嬉しいです。では今日はこの辺で。

accident-1497296_640
とんでもないブロガーが現れました…。11月16日に彼はこの広大なブログの世界に舞い降りた訳ですが、ブログのタイトルがもう衝撃的すぎます。

警察官クビになってからブログ

待ってください。警察官って公務員ですよね?クビになるもんなんですか?と疑問に思う人もいることでしょう。実際にこちらのブログの著者であるハルオサンはクビになったらしいです。

というかこの人の今までの人生が不幸すぎます。壮絶すぎてドン引き不可避。大半の人はこの人よりかはまだ幸福なんじゃないか?と言えるぐらいにハルオサンの今までの歩みはクレイジーすぎます。

クソみたいな自分の人生をまとめてみた
こちらの記事だけでも必見です。

簡単に要約すると…

①生まれたときに脳に大きな病気を患ってしまう。しかも生死をさまようレベルの病気。しかも一度だけでなく2度も経験する。

②まともに字が書けない。分数レベルのかけ算ができない。まともに会話ができない。
公務員試験を受けるときは、小学生の算数ドリルから始めた。

③警察官になったはいいものの、周りの同僚にいじめられる。自分のせいで全ての同期が外出禁止令を受ける。先輩や上司にいつ辞めるの?と催促される。結果、警察官をクビになる。

④家具関係の企業に勤めるも、そこは家具販売の他に死体を処分した後の部屋を清掃する仕事を請け負う企業だった。自分が就職した一年後にその会社は倒産。

⑤給料5~10万、休みは月に2日、1日14時間労働、前科もちの同僚でいっぱいなハイパーレベルなブラック企業に3年勤める。


などでしょうか?いやあこの他にも想像を絶するほど不幸な出来事を経験してるみたいなので、一度は見てみた方がいいです。はっきり言ってひきます…普通だったら自殺してもおかしくないぐらいハードすぎます。

たったの一か月半で45万PVを記録する化け物ブログに変貌!!
computer-767776_640
あまりに酷すぎる人生を歩んできた彼が書いていく文章…それは本人が予想をはるかに超えて、様々な人に読まれていき、拡散されました。その結果…なんとこの短期間で45万PVというカリスマブロガーレベルのアクセス数を記録!!

【月間45万Pvになりました】ブログ開始から1ヶ月少々の感想とお礼

これ本当に信じられないレベルです。45万PVなんてナタリーとか地下室タイムスとかいうメディアサイトと遜色ないとこまで来てます。

ハルオサンのブログを読んでみれば分かりますが、まあ納得です。こんな体験をしてきた人間は他にいるのかな?と思うぐらいに桁外れなまでに不幸ですから。ここまで不幸な人は中村久子夜と霧に登場するユダヤ人ぐらいしか思いつきません。

45万回読まれて読者を感化させただけでも、生きる価値があるということを、自分自身で肯定できればいいですねぇ。

文章を見た感じ、彼は誠実そうだしとても真面目な人なんですよね。それは良いことではあるんですが、こうなったのは自分に責任があるとか、生活保護を受けないと言っているあたり、この先大丈夫なんだろうか?と危惧してしまいます。

真面目な人ほど、周囲に嫌われたくないと考えて、無理をしすぎてしまうんです。結局自分で自分の首を絞めてしまっていることに気が付かずに…。

確かにハルオサンの文章は面白いし、一つの読み物を読んでいる感覚にもなります。文章だけで十分稼げるとは思うのですが、残念ながらまだその下地が出来てないところなんですよね…。

アドセンスでもアフィリエイトでもいいんで、これだけ読者がいればすぐに稼げる様になるとは思うんですが…。あとは自分のそれまでの歩みを電子書籍化して売るとかですかね。

いや実際、このレベルの人生経験を本にすることは十分に価値のあるコンテンツを作れるだろうし、ポテンシャルが半端ないです。正直こんな短期間で45万PVという結果をだすなんて普通無理です。

このままのペースで進んでいけば高確率で有名ブロガーになれると考えてます。正直自分のブログなんかとは比べ物にならないぐらいレベルが段違いです。

影ながらこれからの動向をチェックさせて頂きます。皆さんも自分に嫌なことがあったら、ハルオサンのブログを読んで心の負担を減らしましょう。では今日はこの辺で。

adjusting-1836839_640
音源制作に興味がでてきた駆け出しのラッパーはもちろん、MCバトルなどで輝かしい戦績をのこしている人でも、ごくまれにオリジナルビートが一つもないというラッパーはいたりします。

そこで、音源作りやライブをする為にYoutubeからフリートラックをDLしている人は多いかと思います。

だけど、今後のライブ活動やitunesでの配信、CDとして作りたい時なんかは、フリートラックを使うのではなく、絶対にトラックメイカーに頼んでもらってビート制作をしてもらった方がいいです。この利点はいくつもあります。

ラッパーやシンガーの要望に丁寧に応えて細部にまでこだわったビートを作ってくれる。
dj-1573332_640
まずはこれ。自分の場合だとラッパーの人たちにモチーフとなるような曲を数曲教えてもらって、なおかつ一曲だけでなく8小節分…または1コーラスまでのデモ段階のビートを3曲くらい作ります。その中から選んでもらって制作に入ります。

そして、楽器のフレーズの音程を上げて欲しいという要望や、曲の展開を違う感じにしてほしい、テンポを変えて欲しいなど細かい要望にも対応して、一人一人のラッパーやシンガーが満足出来るであろうビートを作っていきます。

ビートの雰囲気によって歌詞の内容も伝わり方が違ってくるでしょう。フリートラックだと細部の変更までは出来ないし、配信する側も一個人の歌い手に合うように作ってはいません。オリジナルビートを作ってもらった方がそのアーティストのキャラにあった曲になりやすい訳です。

素人臭さを一蹴できる。
rap-1713404_640
意外とこの点は大切な要素なんですが、素人臭さ…もっと言えば安っぽさというのは音楽活動をしていく上で足枷になっていきます。

これあくまでリスナーとしての視点になりますが、MCバトルで優勝したラッパーの音源を聴いてみたら、リリックの内容は良いのにトラックがどこか素人臭くて、「あ、これどっかからフリーでDLしたやつか」というケースがあります。

その時点で優勝したという実績がもったいないなと思うし、評価は上がらず「やっぱりバトルだけ聴いておけばいいや」と思われてしまうこともあるのです。それでは本末転倒。となるとバトルも強くて音源もしっかりしたものを作っている方が、周りからの評価に繋がるはずです。

要するにこの人はちょっとプロっぽい。他の人とは何かが違うなーと思わせることを積み重ねていくことが、アーティストとしてのステータスを高めていくものです。

フリートラックを探す時間を省ける。
clock-1274699_640
音源やライブ用のビートを選ぶ為に、ひたすらyoutubeで使えそうなビートを探している人も多いことでしょう。中には10~20曲くらいのビートをDLして、そこから吟味して選ぶこともあるでしょうが、時間がもったいないです。
それだけの時間があればリリックを書くことに時間を割いた方がいいに決まってます。

餅は餅屋という言葉があるように、ビートを作ってくれる人が身近にいるのであれば、頼りましょう。要望を書いたメールの1通や2通送るだけで、トラック選びに悩まされることが無くなるし、それもあなただけのオリジナルビートが出来上がるのですから良いことづくめです。

お金を払うことで、本気で音楽と向き合っていく意識の高さが形成される。
coin-1080535_640
良いものを作るためには、どうしても投資というものが必要になってきます。今の時代は、昔と比べものにならないぐらい、音楽制作の敷居は低くなりましたが、それでもしっかりした音源を作る場合、やはりお金はまだまだ必要になってくるのが現代です。

トラックメーカーに報酬を支払い、ビートをもらうことで、せっかくお金をだしてまでやっているんだから、利益をだして回収するぐらいの音源を作ろうという本気度が形成されていきます。

それが作品を作っていくための原動力になるし、お客さんから買ってもらうにはどうしたらいいのか?などビジネスのやり方やキャラとしての売り方についても本気で考えるようになるでしょう。

報酬を支払うというのは、その人がどれだけ本気で音楽をやろうとしているかを見極めるための大事な要素でもあるのです。そして自分自身の本心と向き合うことでもあります。

以上、オリジナルビートを作ってもらうことの利点を複数挙げてみました。あなたが本当に唯一無比で良い音楽を作りたいと思ったら、こちらのプロフィールを見たうえでご連絡ください。

普通だったらちょっとありえない格安の値段で、クライアントにピッタリな音楽を作りますから。お仕事の依頼お待ちしてます。では今日はこの辺で。

img15b4d547zik7zj
正月は実家に帰ってひたすら酒のんでる気がします。とりあえず生中という単語はMCバトルで言う「俺が先攻、だけどいつだって戦闘モード」並みに定番化してるセリフですが、ビールはやっぱりアサヒビールです。こうなったのもカイジのせいですね。



瓶ビールのほうが若干値段高めですが、一本単位だと実は缶よりも瓶の方がコスパ良いです。
20150812211349385
食べ物や飲み物っていうのは味覚だけでなく視覚でも味わえるもんです。
正直いろんな漫画がありますが、カイジのこのシーンほどビールのうまさを表現できてるシーンはないでしょう。
本当にアサヒビールは福本伸行のマンガとコラボして商品アピールしてみらいいんじゃないかな?

このシーンを見てからというのも…もはや一番好きなビールはアサヒビールになってしまいました。もちろん他のメーカーのビールも美味しいんですがね…。
e1df6cee
あとは焼き鳥もそうですね。ビールのお供はもはや焼き鳥こそが至高…。個人的には砂肝が一番だと思うんですが皆さんどうですか?



焼き鳥一本60円…破格な値段がアツイ鳥やすに行きたいぞ!
DSC035891
提供元:Syupo

焼き鳥にビールという黄金の組み合わせを堪能したいので、東京に戻ったらやっぱりここは行ってみたいんですよね…高田馬場に位置する大衆酒場「鳥やす」!!

焼き鳥の食べ放題ってあんのかな?と思って探したんですが今の所見つかなかったり、大抵一本100円以上という回転寿司と同じぐらいの料金がかかる店がほとんど…。

だけどこのお店は一本がなんと60円!?しかも串の盛り合わせだと490円…自分だったら20本食えりゃあ満足なので焼き鳥1200円、ビール大ジョッキ2杯で合計2000円ちょっと…。これはコスパ良すぎでしょう。近いうちに絶対に行ってみたいお店ではあるので、近々行ってみます。

というわけでアサヒビールの魅力と焼き鳥のうまさについて語った記事でした。では今日はこの辺で。

↑このページのトップヘ