無名音楽家アブロニカの戦慄なリアルと最前線

ヒップホップ・ポストロック・エレクトロニカを主軸にしたラッパー&トラックメーカー、アブロニカのこれからを赤裸々に書き綴り。 日本中の90%を占める底辺音楽家のリアルと実情、日々思うことを書き殴ります。まれにDISリスペクトな記事あり。 無料の楽曲DLが受け取れるフリクルメルマガ配信中 http://frekul.com/artists/profile/call-it-anything

2016年10月

runner-888016_640
やったぜ。

遂に365日毎日更新スタイルを維持し続けることに成功しました!!

いやあブログを始めた頃はまさかねぇ…1年間順調に続けるとは思ってませんでしたね!!ですが人間やる気になればなんとかやれるものです。やればできるって奴はやってねえからできねえ とか言ってるラッパーがいますがちょっと浅はか。やればできると思ってやってのける…そんな事だって出来るんですよ。何故この課題をクリアできたのか?自分なりに分析してみました。

好きな事をテーマにし続けたから。
bremen-town-musicians-1651945_640
もうこれですね。間違いないです。好きこそ物の上手なれ…まさにその通りで、人間どんな分野でもマルチにこなせるほど万能な生き物ではありません。自分の好きな事…それはまぎれもなく音楽ですが、これがマーケティングについてだとか企業のコンサルとかだったら絶対続きません。無理です。というか全然知らない分野ですね…。

まあ何にせよ好きな物があるならとことん追い続けることが出来ます。完璧さに美があるのではなく、究めようとする姿勢にカッコよさがあるんだと思います。
一つの困難な道を達成しようと思ったのなら、好きな事ややりたい事を主軸にしないと楽しくない…当たり前だけど物事を継続するにはめちゃめちゃ大事な事です。

お金のやりとりが生まれるキッカケになるから。
coins-1523383_640
始めに言っておきますが、自分にとってお金を稼ぐというのは目標ではなく手段でしかありません。ブログでお金を儲けよう…とは思ったのは事実ですが、自分の場合ブログを経由して音楽の仕事を請け負っていくというスタンスでいるので稼ぎたいと思っても2万円~3万円ぐらいでいいかな思う程度です。

しかしブログでお金を稼げるというシステムがあったからこそ継続して続けられた一つの理由でもあります。とは言っても自分はアマゾンのアフィリエイトしかやってないのでホントに微々たる儲けでしかありません。しかしこれは良いアーティストだ!と思った人達の記事を書いて実際に音源を購入してくれる人がいると、アーティストと自分自身に利益が発生してWIN・WINとなる…この一連の流れが生まれるとちょっと嬉しいですね。誰も損してませんから。

ロールモデルがいるから。
handshake-442908_640
やはり、こういう人の様になりたいと思わせるロールモデルの存在も継続していく上でとても大事な要素になります。自分の場合だとイケハヤのブログは多少参考にしている部分もあるし、叩かれたり炎上したりと、話題に事欠かない人ですが結果を出してるのでブログをやっていく上ではやっぱり参考になる人ではあります。

あとはjMatsuzaki氏もロールモデルの一人ですね。この人のブログも本当に面白いし彼の記事に触発された上で記事を書きあげたことも何度かありましたね。1年間毎日ブログを更新出来たのは彼の存在が結構大きい。この人は400日ちょっとを毎日更新させることに成功した人間ですから今度は彼の記録を塗り替えたいですね。

と以上まとめてみましたが大体この3点になりますね。また、ブログは他の分野…ビジネスや芸術と違ってやればやった分だけ結果が跳ね返ってくるのも大きいです。自分は文章を書くというのがあまり得意でないタイプの人間だし、そんな人でもある程度の結果を得られる…という点も継続を可能にした一つの要素です。
start-1590051_640
という訳で一つの課題はクリアしましたが今度はjMatsuzaki氏の毎日更新の記録を更新するというまた新たな目標が出来たので、新しいスタート地点からまたよーいドンです。では今日はこの辺で。


smartphone-1283016_640
たまにYoutubeで音源を聴きながら耳コピをしつつギターを弾いていると、周りに「なんでそんな短時間でコピーできるの?」と言われることがあります。はたから見ればスゴイ事のように見えますが、耳コピは同じフレーズを何度も聴いている内に段々と身につくスキルなんです。楽器をある程度弾ける人であれば誰でも出来る様になるんですよ。要はその人のやる気次第。
music-sheet-637860_640
あと、耳コピをやる上で非常に助けになるのが音楽理論…とくにコード理論が把握できるようになるとコピーできるスピードはグンと上がります。加えてコード進行のバリエーション(C→Am→F→G7やF→G→Amなど)を沢山知っておくとなお良いでしょう。大抵の楽曲にはダイアトニックコードという鍵盤楽器で言えば7つの鍵盤のみで構成されたコードの集合体で作られているケースが多いんです。(転調やパッシングディミニッシュがある場合は話しは別ですが…)
hand-225499_640
さて…耳コピをスムーズに行っていくには、まずその楽曲のKEYを知る事から始まります。KEYを把握して、ダイアトニックコードの知識を当てはめていくと音源を聴きながら地道にコピーをするよりスピーディーに事が運びます。ではKEYとはどういう意味なのか?それは楽曲を聴いてこのコードで終わったなと思わせるコードの事です。主音とも言います。

この曲は4つのコードで構成されています。A→F#m→D→Eという進行がそれ。この曲を聴いているとAのコードがKEYに該当します。このコードでしっくりと終わったなと感じるはずです。KEYがAと判明したら、Aの音から始まるメジャースケール(ドレミファソラシドといった長調の7つの音階のこと)で構成されたコードで展開されていく…という考えがダイアトニックコードです。なので使われるコードも7つのうちのどれか?という様に限られてきます。頭がプンスカ状態になっていないか不安ですが…続きます。

この楽曲もG→B→C→Cmという少し変則的ではありますがGの部分がKEYに該当します。こちらもGの音で終わったなと感じるでしょう。ただし、この曲の場合はBの部分とCmの部分が別のKEYから拝借している…または特殊なスケールで構成されているコード進行という風に解釈できます。ここら辺の事は一旦無視。まずはGがKEYなんだと感じてもらえればそれで良しです。
bass-913092_640
KEYとダイアトニックコードの関係性を理解することも耳コピをする上で役に立ちますが、ベース音を聞き取ること…こちらもめちゃ重要。耳コピが出来る様になればベースという楽器がどれだけ重要な存在なのかより実感できます。

中にはベースがない楽器もありますが、要は1つ1つのコードの一番低い音を探ればいいだけです。ベース音を把握出来たらメジャーかマイナーかを聞き取るだけで一応はその楽曲に合わせてコードが弾ける状態にはなります。

そこから更にそのコードは7thや9thというテンションコードなのかどうか分析に入っていきますが…そこまでやると記事が無駄に長くなるのでまずは簡単な音楽理論を使った曲を大まかに把握するための耳コピについて説明してみました。
electric-guitar-1047532_640
最後に…ギタリスト向けに言うと、速弾きの耳コピの仕方についてですが、これはもう次の流れでコピーするしかない…と思う。①再生ボタンを押す②止める③ギターで音を確認…この手順をひたすら繰り返すしかありません。

今は再生スピードを遅くできるアプリや機材があるので便利になりましたが、簡単にスケールを当てはめてコピー出来る…という訳ではないケースが多いので、こればっかりはある意味体力勝負です。ただ、自分が弾くフレーズが最近マンネリ化しているなあ…と思ったら、単音弾きのフレーズを耳コピする事が突破口になるのでオススメです。時間かかるけどストックが増えるし、違ったアプローチの仕方が作曲面で活かせますしね。では今日はこの辺で。



icon-set-1232558_640
「明日出来ることは今日やるな」みたいな現代ならではの格言があります。とは言っても毎日ブログを更新します宣言をしてからは、作曲、ライブ、バイトとどうしても時間が潰される可能性がある日々は今まで何度もありました。中にはネット環境がない場所にいることもあったので、その都度その都度、事前にブログの記事を書いていたのは事実です。
blog-1027861_640
なにもそこまでして無理にやらなくてもいいんじゃない?と思う人もいることでしょう。しかし自分でやると決めたこと…もとい自分自身と約束した決まり事はなるべく破りたくない性分なのです。今の時点で説得力がある…とは限りませんが、自分からやりますと言った事も出来ない様では、他人が興味をもつことはありません。

もちろんその約束事の程度にもよりますが、どうしてもこれだけは譲れない…またはこれだけは成し遂げたいということが1つでもあるのであれば、それはやり通すべきです。
bodybuilder-646482_640
なにより…そういった約束事を決めて、それを見事やり通した瞬間は正に成長の証と言えるでしょう。物自体はお金さえあれば誰でも手に入りますが、その人自身の能力や自己肯定力はお金で買えるものではなく、日々の努力なくしては絶対に手に入らないものです。

仮に達成した瞬間が訪れたとして、どう考えるかによって、その人自身のこれからの成長力にも関わってくるものですが、大事なのは…周りと比べて自分はまだまだと謙遜したり下手に謙虚になったりするのではなく、自分が今まで継続してきた事自体を肯定したほうが人間として成長しやすいものです。(スタンフォード大学の研究によって証明されています
ballet-1376250_640
もちろん人間ですからどんな約束事でも破らないという超人は地球上には存在しません。約束を守れなかった…自分はダメな人間だ…と、あまりに真面目すぎる人達はそう考えてしまいますが、それもまたその人の成長を阻めることになるので、自分にとって核になる要素…または自分が好きな事に関しては約束を守ろうぐらいのバランス感覚が丁度いいです。
blog-793047_640
しかし、物事を継続出来ないと悩んでいる人ほどブログやったほうがいいですよ。これほど長続きしやすいコンテンツはそんなないんじゃないかな…。ダイエットとかスポーツだと苦痛にも似た我慢を強いられますが、ブログは単純に自分の好きな事をピックアップして、記事を書き続けるだけで、ある一定の結果は出やすいものだと感じてます。

自分もそこまで偉そうに宣う訳ではないですが、PV数も始めは2000~3000PVだったのが気が付けば5倍近くまでPV数が倍増してますし、本当に微々たる儲けですがアフィリエイトの収入もチャリンチャリンと入ってきます。タイトルに帰結すると、こうなったのも継続してきたからなんですよね。という訳で改めてブログを毎日更新している理由を記事にしてみました。あともう少しで1年分の記事数達成です。では今日はこの辺で。



unspecified
9日から13日まで実家に帰省しておりました。平日の帰りだったので高速バスでも座席はほとんど空き状態。ある意味周りに合わせて行事ごとに帰省するより、少し日程をずらした方が勝ち組になれますね。こちらは横浜に戻る時の途中地点でのパーキングエリア。ご覧の通り人がスカスカです。このぐらいの人の少なさが丁度いいし心地いいです。
unspecified2
高速バスでの移動で唯一の楽しみはパーキングエリアでの飯!!こちらは紫波PAでのレストランの人気メニューであるカツ丼。肉厚で味もそこそこ。デザートも付いていて美味でありました。

さてさて…ここからが本題。長時間の移動を経験して思ったことがあるんですが、皆さんはお金の消費を抑えるために高速バスで済ませるタイプですか?それとも長時間の移動を避けて新幹線または飛行機を使うタイプですか?要するに時か金かどちらを優先するかですね。自分は最近は前者を優先する考えになってますね。

お金は無くなればまた稼げばいい。だけど時間は二度と返ってこない。
pocket-watch-560937_640
もちろん貯金が0に近くて切羽詰まってる状況であれば話しは別ですが、そうではない時はこういう考えで在りたいものです。

ついつい目先の値段の安さが目について財布と相談してしまいがちだと思うんですが、自分はその瞬間の人とのふれあいや親しい人との時間は長く共有したいと思うので時間を優先したいと考えています。その分お金を消費してしまったのであれば、その分稼ぎ直せばいいだけですから。身内や地元の友人というあまり接する機会がなくなってしまった人達と久しぶりに会う…というのであればお金が多少かかっても時間を節約した方が良くないですか?

JALの発信しているウルトラ先得サービスだとチケット代かなり安く済む。
plane-1030900_640
今まではとにかくお金の安さを優先して高速バスonlyだったのでまさかJALでこんなサービスがあるなんて知りませんでしたよ…。下手したら新幹線の往復より安くできますねこれ。やっぱり交通関係は出発日より遠ければ遠い日ほどお得になるんですね…。

もちろん予約変更不可だったり融通がきかな一面もありますがそれでもここまで値段が下がるのはあつい。2ヶ月先の予約が既に出来なくなってる日程もありますからね。考えていることはみんな一緒か…。やっぱり先物買いは交通費節約の一つのセオリーですね。今度からお盆や元旦といった時期から2ヶ月前にはチェックした方が良いんだなと実感。では今日はこの辺で。



1a6a8229678cd9d6f076ad0b44e90820
いいんじゃないですかね?中には宇宙を語ってるラッパーもいる訳ですし。フリースタイルという名目上でやってる訳だから本来やり方は自由なんですよね。

韻の踏みあいで観客が盛り上がる図式がほぼ成り立ってしまった今のMCバトルの流れのなか、この時のフリースタイルダンジョンのダースレイダーVS崇勲は各々のリアルな生き様が垣間見えたベストバウト。身近な人達の死をテレビ上でラップするのには相当な勇気が必要だと思います。あんまり見せたくない…あまり言いたくないことまでをさらけ出す姿勢に人は感情を揺さぶられる。

自分の生き方をどれだけ提示できるかが勝敗のカギを握る?
news_header_0802_0east_03
(Photo by Dozono Hiroyuki)

既にバトルを引退してしまっているSimon Japへのインタビュー動画でも気になる発言をしています。

韻が踏めなくても、リズムが合ってなくても内容でヒップホップを感じさせる瞬間があると言っていますが、こういうシチュエーションこそ正に自分自身をさらけだした瞬間なのかもしれません。その結果お涙頂戴な内容になってしまっても全然問題ないですよね。

よく戦いの場でそういう内容を言うんじゃない!みたいなことをラップするMCがいますが、上辺だけの内容じゃなくて、リアルさが含まれてるのならOKだし、単純にスキル自慢のラップよりも本音で言葉を言っているMCの方に軍配が上がる瞬間もあるわけですし。

という訳で、昨日のフリースタイルダンジョンを見て思った事を書き殴ってみました。今までの記事と比べてかなり内容は短いけど、無駄に文章を長くさせるのもどうかなと最近考えてるので…。1の内容で10を伝えることが出来る様、徐々に徐々に、文体も変えていきます。では今日はこの辺で。



↑このページのトップヘ