無名音楽家アブロニカの戦慄なリアルと最前線

ヒップホップ・ポストロック・エレクトロニカを主軸にしたラッパー&トラックメーカー、アブロニカのこれからを赤裸々に書き綴り。 日本中の90%を占める底辺音楽家のリアルと実情、日々思うことを書き殴ります。まれにDISリスペクトな記事あり。 無料の楽曲DLが受け取れるフリクルメルマガ配信中 http://frekul.com/artists/profile/call-it-anything

2016年10月

glasses-1246611_640
もちろん全員とは言いませんがね?でもいますよねーこういうタイプの似非評論家ぶる人達。そういう人達が書いた文章とか正に便所の落書き…いや便所の落書きでも笑えるネタがあったりするからそれにも劣りますね。彼らの何がダサいって、そこそこ評価されてるけど、賛否両論なアーティストを正統に評価する俺カッコいい的なスタンスを隠すことが出来てないんですよね。あーやだやだ。
img_0
こち亀の話しを引用してみましょう。彼らのやってることって結局このシンデレラに求婚した王子と変わらないんですよね。それなりに評価されてて知名度もあるから絶賛しているだけなんです。そんな状態で絶賛することなんて一般のリスナーにだって出来ますよ。

仮に、これがキャパ200のライブハウスでお客さんが4,5人しかいない状況を見て、こいつは凄いアーティストだと判断できるのなら文句言いません。でもそんな芸当が出来る情報に踊らされない評論家なんているんでしょうか?1000人に1人いればいいくらいです。

下手な評論家より新人アーティストを発掘する部署の人達の方が数倍耳が肥えてるのは言うまでもありません。でもこういう情報を前提にして評論する人達は一般層にまで拡大していくことでしょう。SNSの発達でこればっかりはもう避けられないのかな?評論家になりたいのなら、周りの情報に踊らされず、自分の主観で判断する能力は逆に必須になってくるかもしれませんね。
8fb2656f
例えばセカオワのドラゴンナイトでドラゲナイという単語がネタにされた時、皆が皆コラ画像を作ってお笑いのネタとしてしか見ていない時期がありました。そんな状況の中、「お前らコイツ等のこと馬鹿にしてるけど、曲のアレンジとか歌詞の内容とか凄いことやってんだよ。そこらへん分かってる?」とまるで上から目線で俺はちゃんとこいつ等の凄さ知ってる。どう?凄いでしょ?的なドヤ顔で語る人とかいました。
彼等のセルフプロデュースの巧みさだとか、楽曲のオリジナリティーの濃さなんて、ちょっと音楽をかじってる人なら誰でも理解できますし、何を今さらという感じでしかしませんでしたね。
20140824161530250
神聖かまってちゃんにしたってそうです。彼等がデビューした時は、ライブでの奇抜なパフォーマンスが先行して話題になった感があります。なので1stのミニアルバムをリリースした時なんかは正当な評価というのはあまり得られなかったのではないでしょうか?テレビに出演するとなったら、放送事故を起こすなど、数年前までは割と過激な事やってましたし。

でもそんな彼らを評価する俺カッコいい。音楽分かってるなんていうことを、いちいち第三者がいる前で言いたがる評論家もいましたね。彼らの音楽の本質を分かってるリスナーなんてAmazonのレビューを見れば沢山いることが分かるんですけどね…。

















ん?待てよ?この記事の内容に該当する様な評論家って…

















ちょっと前の地下室Timesのことじゃん!!






ハイ。とは言っても最近になって全体の雰囲気が大分変ったかの様に思えますが、今の地下室Timesの方がどちらかというと好きですね。以上、音楽を評論することについて記事を書いてみましたが音楽の良し悪しを判断する時、難しいけどたまには先入観を取っ払って聴いてみましょうよ。では今日はこの辺で。

img_57846_2
Lumitというアプリをご存知だろうか?簡単に言えばユーザーの好みに合わせて数多くある楽曲の中から勝手に選んでくれるというナイスなアプリのことです。spotifyやAWA musicみたいな感じですが、最大の違いはインディーズ・アマチュア系のアーティスト限定で配信しているサービスだということ。詳細はこちら→Lumit

このアプリには5000~10000曲の楽曲が入ってますが、何と私の楽曲がその曲群の中から再生回数10位にランクイン!!やったぜ。インスト作品ですがどんな曲かはこちらのリンクから。聴いて、どうぞ。「茎はしなやかに伸び続ける」
music-890882_640
このアプリではアーティスト名と曲のタイトル、楽曲の長さという実にシンプルな表示しかされません。故に先入観無しで純粋に音楽の良し悪しを決められる訳です。ものすごく機械的なニュアンスで言うと、このアプリで再生回数が多い楽曲でイイネ!ボタンを押された曲ほど、良い曲だということになります。前情報が一切ない状態で聴く訳ですから。
clock-1274699_640
この曲を作ったのはもう3~4年も前です。フリクルを使って配信していましたがその時はそんなに評価を得られず、周りの人達の反応も大して良くなかったんです。今回の出来事で知ったことは、良い曲だと評価してもらえるのには長い時間が必要になってくる…そういう事ですね。

もちろん中には瞬時にバズを生み出せる様な楽曲もありますが、どんなに優れたアーティストでもそう簡単に、ヒット曲やカッコいい曲というのは量産出来ないものです。自分の音楽を評価されたい、売りたいというのであれば、やっぱり活動を停止しては叶わぬ願いになってしまうということで。

ブログやスポーツと同じでやはり数をこなす…つまりは楽曲のストック数を増やす事が正当なブロップス(評価)を得るための基本的な方法なんだと思い知らされました。良い記事を書くためには文章を書きまくる…。

150キロの豪速球を投げるためには、トレーニングを繰り返さなくては駄目なのと同じで、名曲を作るのもやはり数をこなさなくては作れないということですね。そしてコンスタントに作品を発信し続ける。(これが今出来ていないのが悩みですが)この2つの姿勢を維持し続けて、これからの音楽活動において名曲作れるよう精進します。では今日はこの辺で。



20130114151851099
アーティストが音楽活動をする上で、SNSを使ってオーディションやライブ審査に落選しましたという報告をするのは実は諸刃の剣だとも言えます。この人を応援したい…リスナーにそう思わせるのがアーティストとして長いスパンで活動していく為に重要となってきます。

なので何度も何度もオーディションに挑戦して数多くの落選報告をするっていうのは応援してくれる人達を手放してしまう行為にすらなりかねないんです。

挑戦する姿勢に皆は関心を持ちますが、失敗した時の反応というのはとても冷ややかなもので現実は非情だなと言いたくなる時もあります。しかし今日の記事でピックアップする狐火というラッパーは、その挑戦に失敗したという事実が逆に活きるという稀有なアーティストさんなんです。
以下、公式からプロフィールを引用。

狐火(Butterfly Under Flaps.)

福島県出身のラッパー。

1000組のバンドを黙らせた1本マイク。

独立独歩のPRR(ポエトリーリーディングラップ) 。

 

2012年 SUMMER SONIC出演。

2013年 B-BOY PARK出演。

 

 

色んな意味でピークは過ぎたと周りに言われているが、まだ本気は出していない


彼を知ったのは2011年の時、2chのスレで最近カッコいいラッパーは誰がいる?みたいな議論になっていた時に頻繁に狐火という名前が挙がっていたので、地元のツタヤに行ったらたまたま彼のアルバムがレンタルされていたので聴いてみたのがキッカケ。

いつでも聴けるほど能天気なラップをしている訳じゃなくて、その内容はネガティブさが満載。だけど現実を直視した上でのリアルを彼は語っていた。そこに面白みもあったし、自分がイベントを主催するとしたら一度はオファーを出したいと思っていた。(文字通り共演できたのでこの上ない嬉しさがありました。)

でれんの?サマソニにエントリーして、無事に受かってライブすることを達成。当時、新聞の記事にモモクロと一緒に彼の名前が記事になっていたのを見て、自分の事の様に嬉しく思ったし、漢 aka gamiの言葉を借りれば、「いよいよ来たなぁこの時が」状態だった。

とは言うもののそこから数年経っても、夏フェスにでることはなく、遂には夏フェスオファー0なんていう曲すら自らアップロードしている。はっきり言ってアーティストであればこういう事実はひた隠しにしたいと思うのが普通。

だけど狐火は就活の苦悩からライブのノルマ、停滞している自分の現状も何もかも隠すことなくさらけ出している。ここまでリアルを歌っているとリスナーは、重さを感じて離れてしまうのが当たり前なんだけど、不思議と彼が泣きながらリアルを語っている姿を見ていると応援したくなる…そんな気持ちになってしまうのである。そして彼の才能は正にここにあると言っても過言ではありません。


最新作の33歳のリアル…一番初めに聴いた27歳のリアルからもう6年も経ったのかと思うと色々と感慨深いです。「ハッピーエンドを遠ざけたのも自分のせいだ」の部分が重くのしかかります。
キャプチャ2
CDJのオーディションに落っこちてもこうやって曲にして活動を今でも続けている。オーディションに失敗しても、周りの同業者と差を付けられても延々とライブ→曲作りのループ作業を何年も長く続けているスタンスに改めて強みを感じさせますね。

「俺は凄いヤツだ。金もあるし、女にもモテルし、車だって高級車」みたいな非リアルな姿勢を歌うラッパーが数年も続かずに活動をやめていくのに対して、狐火の言葉の重みや打たれ強さ…というかしぶとさは、そんな猿真似ラッパーよりもずっと強靭だと思います。

自分を誇示するという表現を曲に落とし込むのがヒップホップの醍醐味ですが、彼は見せかけじゃない真の意味でセルフボースティングを体現している…そう言えるのではないでしょうか?という訳で仕事に悩んでいる人達は狐火のラップを聴いてみてはいかがでしょうか?ヒップホップをあまり聴いた事がない…そんな社会人にこそ彼の音楽は響くはずです。では今日はこの辺で。



salmon-1353598_640
食欲の秋です。こっちに上京してきて寿司を食べる機会がめっきり減りました。とは言っても寿司を腹いっぱい食べたいという一つの願望を満たしてくれる寿司屋はないものかと探していたところですが、2件ほど見つけたので紹介。そのうち行って食レポしてくる予定。ちなみに小さい頃は納豆まき以外食べられませんでしたが歳をとって嫌いなネタは無くなりました。歳をとる利点の一つです。

喜代寿司
キャプチャ
まずはここ。南砂町駅から歩いて15分ぐらいの場所に位置する「喜代寿し」というお店…こちらは1800円で寿司が食い放題出来ます。しかも時間制限はありません。ありませんが店主の機嫌次第で帰ってくれませんか?的な事を言われるらしいです。本当かどうか?まあそれは行ってみての話しで実際どうなのかはこの目で見てきます。

食べログのコメントとYahooのコメントを比べてみるとかなりバラつきがあって、一方では絶賛の嵐、かたやもう一方の方は☆1個レベルのお店という…好き嫌いがハッキリ分かれるんでしょうね。味というより接客態度に癖があるんでしょうが近いうちに行ってみたい。今までは年中無休だったのに今では水曜日が定休日なのが残念…。

まぐろ問屋 十代目彌左衛門 アトレ秋葉原2店
yazaemon-tabehoudai-1
写真元:ミンキームーンネットワーク

外観の写真は見つかりませんでしたがここも気になるし超行ってみたい。こちらは土日祝日のランチタイム限定なんですが、さきほどの喜代寿司と同じ値段2000円で食べ放題できます。(制限時間は一時間ですが)こちらは接客に関しては特に問題ないらしいとのこと。

ただやっぱり寿司の食べ放題となったら、待つ時間が普通の飲食店よりもスムーズに注文しにくいのが難点ですね。それでも1時間あれば30~40貫ぐらいは食べきれるハズ。いざ、食べるとなったらとことんまで食い漁りたいのでどちらか一方の店に行ってみます。では今日はこの辺で。

食いねぇ…ってどこの方言なんだろ…。



SnapCrab_NoName_2016-10-21_1-21-18_No-00
こちらは現在制作中の楽曲。普段あまり自分が作ることの無い様な曲を絶賛作曲中です。点々が沢山あったり、帯状の波形が並んでたり、山の形をしたオートフォーメーションがあったりでDTM界隈ではこういうのをグロ画像と呼ぶらしいですね。音数も結構多めになるとここまでカラフルになりますね。麻雀でいえば国士無双並に綺麗。

さてさて、前置きはこの辺にしておいて…DTMをやっている人達の中でも特にPCのスペックがギリギリで音声ファイル化する時にフリーズしないか不安になる人達に向けて…CPUの負担を少しでも減らす方法を書いていきます。ちなみに自分は負担の大きいソフトシンセを数台たち上げて、なおかつ複雑なオートフォーメーションもかけすぎて、PCがブルースクリーン状態…つまり大破したという苦い経験があります。

困った時のEdison君。
image[29]
画像元:http://forbidden-fruity.blogspot.jp/2009/11/convert-your-edison-samples-to-piano.html

音色のクオリティーは高いんだけど重たいソフトシンセって結構ありますよね?だけどそのシンセの音色がどうしても欲しい…という方にお勧めなのが演奏したデータをEdisonに録音して波形だけにすることです。この方法…DTMを始めた頃に結構多用してました。方法は簡単。そのソフトシンセだけ鳴る状態にしておいてEdison突っ込んで録音、その後にソフトシンセの音源を削除…これだけです。

ただ一つ注意点があって、そのまま波形をソングモード画面に持ってきても、フレーズの開始地点は無音になってしまいます。(これ何とかできる人がいたら教えてください。)なので微妙にズレてしまいます。

波形のデータに合わせてshiftキーを押しながらマウスのホイールを回していくとフレーズの頭のタイミングをずらせるので、ちょちょいと弄りましょう。それかEdisonの画面を拡大して開始地点を変えることも出来るのでそっちのほうが手っ取り早いし確実かもです。

ただ、一度録音すると少しフレーズを変えたいなと思っても変更がきかないこと…。これなんですよね。なのでむしろそのフレーズをどうやったら活かせるかと考えて、周りのパートを変えていく方が良いかもしれません。それかむしろ徹底的にそのサンプル音を弄くり倒して未知の音に変えてしまうのも一つの手。FL Studioの良い所はむしろ音の加工の仕方に無限の可能性があるという点ですから。

という訳でEdisonを使った節約モードでの作曲についての記事でした。他にもFLに内蔵してあるパラメトリック・イコライザー2を使う時にもマシンパワーを下げる方法はあります。
eq2
デフォルトでHQマークがオンになっていますがここをオフにすることで多少ですがCPUへの負担は減ります。本当に若干ですけどね…。では今日はこの辺で。



↑このページのトップヘ