無名音楽家アブロニカの戦慄なリアルと最前線

ヒップホップ・ポストロック・エレクトロニカを主軸にしたラッパー&トラックメーカー、アブロニカのこれからを赤裸々に書き綴り。 日本中の90%を占める底辺音楽家のリアルと実情、日々思うことを書き殴ります。まれにDISリスペクトな記事あり。 無料の楽曲DLが受け取れるフリクルメルマガ配信中 http://frekul.com/artists/profile/call-it-anything

2016年02月

lgi01a201312141500

作曲という行為は楽しくもあり産みの苦しみもともなう行為です。よく名曲になる曲ほど、すぐに出来上がった曲であるというケースは多いんですが有名なエピソードでいえばOASISの元リーダーで作詞作曲をしていたノエル・ギャラガーは名曲「Super Sonic」は30分で出来たとインタビューで発言していました。



また、日本の音楽界の巨匠ともいえる「すぎやまこういち」氏はドラゴンクエストのトレードマークとなている序曲を5分で仕上げたと発言しています。これには「それまでの54年間という人生+5分で出来た」という名言つきですが…それでも5分でこのクオリティの曲を作れるのは怪物としか言いようがありません。



長い期間を経てやっと出来た曲は駄作が多い?

music-back027
これはそうとは限りません。一般的に作曲をするとなったらどういった曲調にするか?楽器陣のフレーズはどうやって構築していくか?歌詞の内容、ミックスはどんな感じがいいのか?などあらゆる課題を積み重ねた結果、出来上がるので時間がかかるのは当然のことです。

自分の場合、これらをトータルしてそれなりにクオリティのある4,5分の曲を作るとなったら早くて2週間~長くて1ヶ月半ほどはかかります。
我が愛すべきバンドであるRadioheadが創り上げた名盤ともいえるokcomputerは完成まで1年弱という長い時間をかけて完成しました。その後にリリースしたkid Aはそこから3年の月日を経てリスナーの耳に完成品が届きました。



この様に、長い時間をかけた作品が駄作であるとは限りません。この短時間で出来上がった名曲というのは恐らくデモの段階、いわば下書きがわずかな時間で出来たというケースがほとんどかと思います。
なにも自分にはそんな経験はない…三流の音楽家か…orzと落ち込む必要はないでしょう。

作曲=スポーツと一緒?

1024-cc-library010007739
著作者:
cgvector.com

これはあながち間違いではないかと思います。継続は力なり。スポーツだけでなく文学や楽器といったスキルはやればやった分だけ必ず努力が報われる分野だと言えます。もちろんそれが仕事になるのかどうか…そればっかりは未知数ですが。
作曲も同じ事で曲作りをやればやるほど楽曲のクオリティーはアップするはずです。
※ちょっとこれは自らの楽曲で証明した方がいいかもしれません。またの機会に楽曲を用意して記事にしてみます。

踊らされるのではなく自ら踊る姿勢が大事。

今の時代の楽曲制作の環境というのは本当に信じられない時代で低価格のソフトでもそれなりのクオリティのある音源が作れたりする時代です。なのですがあまりに選択肢が多様なのでそこが作曲という行為をする上で苦しみの一つの要素になってます。

音色が10個しかない状態で音楽を作るのと1000種類の音色で音楽を作るので比べたら間違いなく後者の方が時間がかかります。人間は自由度や選択肢が増えれば増えるほど迷い、そこから逃げ出したくなるという不思議な癖をもっているからです。自由を求めて進歩してきたのにも関わらず…。
しかしそこはすぎやまこういちの発言通り、数をこなせば自ずとどんな音色やリズムがベストなのか?といった課題への最短コースを切り開ける事が出来るかもしれません。とてもシンプルな答えですがやはり継続していくことこそが最も大事なキーポイントだとも言えます。



作曲を始めたころはとにかくメロディー作りが苦手でしょうがなかったのですがこちらの書籍にはメロディー作りのコツが事細かく書かれています。カウンターラインと繰り返しの妙…この本で得た知識は今でも役に立ってるのは言うに及ばず…。音楽のメインディッシュともいえるメロディーラインの作り方に悩んでいる人達にはおススメです。では今日はこの辺で。

一時期このリバ邸横浜(女性住民募集中です。)にはテレビすらなかった時期がありましたが今ではテレビ&プロジェクターまで用意されました。テレビはどうでもいいんですがプロジェクターの素晴らしさにこれは思わず記事にせずにはいられませんでした。購入した商品はこちら。



そしてyoutubeやニコニコ動画といった動画コンテンツをプロジェクターで見るためにはクロームキャストが必要です。

IMG_0546[1]


この2つがあれば大丈夫です。


IMG_0545[1]

プロジェクター本体の側面はこんな感じ。ひと昔前のMDプレイヤーとサイズは同じぐらいなので持ち運びも楽々。HDMI端子の所にクロームキャスト本体をぶっさして使います。

SnapCrab_NoName_2016-2-7_22-55-7_No-00
google chromeをインストールして更にgoogle castをインストールor追加します。この2つが揃ったら…
SnapCrab_NoName_2016-2-7_22-55-21_No-00
「閉じる」の✕マークの下にテレビアイコンが出てくるのでそこをクリックしてクロームキャストの名称がでてくるのでクリックすればOK。もちろんこの時点でプロジェクターも立ち上げておきます。
IMG_0543[1]
ジャガジャン!!スマホやPCで流した動画がプロジェクターに反映されます!!この画面の大きさ…壁から2メートルほど距離をとったら通常の薄型テレビの大体4、5倍ほどにまでデカくなります!!これはたまりません。
こんなデカイ画面でゲームやったり動画が見れるのはもはや男の浪漫ですよ。他にもPC画面全体も映せるのでミーティングやワークショップにも使えそうです。個人的にDTM作曲講座とか一曲が出来上がるまでの過程を映しての公開曲作りみたいなイベントとかやったら楽しそう。プロジェクターすごい。科学の力は偉大なり。
もちろん白い壁と真っ暗な空間がなくては綺麗に映らないのですがそれでも3万円台でここまでの環境を実現できるのは素晴らしいですね。PC画面でVJ映像を流しての軽いミニライブ的なのも出来そう…。でもそこは騒音関係も考える必要がありますね。では今日はこの辺で。


いやあ…やっとこさiphone直りました。この一週間がとても長く感じましたがまずはビフォー・アフターです。見比べてみましょう。ビックリしました。


WIN_20160131_194449



こちらが壊れた状態。ひび割れ&黒点&縦線の液晶破損フルコース状態です。タップするときにひび割れの部分がチャッ…チャッっと擦れる音がでてまして再起不能でした。タップしてもロック解除も出来ないので画面がうつるだけのスマホです。ただの液晶画面がつく機械。そこで修理してもらった所…



WIN_20160207_153052



これは!?完全に直ってます!!写真が少しぼやけてるので中々分かりづらいかもしれませんが
新品同様のピカピカなタッチパネルに変更されておりこれには歓喜…歓喜…!!!
いやあ本当に凄いですよこの技術。どうやって直してるんだろう…?
動作もタップ確認からボタンの動作、アプリの起動、カメラ機能など一通りチェックしてもらって何も異常なしだったのでこれにて一件落着です。

修理費用=10500円でした。

今回修理をお願いしたお店はダイワンテレコム・新宿本店
スマホが壊れた時はネットでかなりのお店を検索して探したんですがここが最安値でした。誰かこの値段よりも安く修理できる所があったら教えてください。それでもこの値段はまだ良心的…だと思います。以下が修理費用表です。
SnapCrab_NoName_2016-2-7_16-38-56_No-00
SnapCrab_NoName_2016-2-7_16-39-9_No-00
あと、こちらでは13時までに来店したら8%オフ、前々日予約で10%オフ、更には雨が降った日だったら1000円引きというキャンペーン実施中です。

横浜にある別の修理店で見積もりしてもらったら15000円ちょっと…。iphoneって本体もそうですが修理費用も高めなんですよね。ちなみにひび割れだけだったら8000円ぐらいでした。
電車の中でひび割れiphoneを使ってる人をよく見ますが彼らは何故使い倒しているのか?と思ってたら理由は修理費用が高いからなんですよね。自分がこの事態に遭遇してやっと納得納得。

ただ、スマホを持っている以上いつ壊れてもおかしくないし今度機種変更するときはケース買った方がいいですね…。表面がツルツル状態なので落下防止のためのグッズもチェックしてみました。



大体ここら辺のラインナップでしょうか。なんだかんだで透明ケースが一番無難そう。
むきだし状態でスマホを使っている人達はこういった商品で対策した方がいいですよ。
まさか自分のスマホが壊れるとは思わなかった…と後悔しても時既に遅しですから。1000円~2000円払って高額な修理費用払わずにすむのならそれに越したことはありませんからね。では今日はこの辺で。

cc-library010008022


最も影響力の大きい「音楽ジャンル」が判明!科学者が17,904曲を検証してわかった音楽史の真相とは?
こちらの記事を拝見したのですが興味深いです。あくまでアメリカという国での話しですが…それは何と60年代のクラシックロック以上にヒップホップが与えた影響がかなり大きいという考察。

まず初めに1964年。イギリスではTHE BEATLES、アメリカではThe Whoや、The Rolling Stonesが爆発的ヒットを生んだ。その次が1983年、この時にニュー・ウェーブやディスコが絶頂期を迎えた。

そして3度目、これが最も大きな成長を見せた年。1991年にヒップホップが登場した年だった。この3つの時代の変革期には、どれも独特な特徴があったが、ヒップホップだけは別物だった。

てっきり我々日本人からするとBeatlesが一番偉大だろうと思ってしまいます。エルヴィス・プレスリーが発明したロックを拡大解釈し、様々なジャンルと融合させたことで新しい音楽を創造したという実績は言うまでもありません。

また、アーティスト自身が作詞作曲をする。MVの配信。コンセプトアルバムという形式でのリリース等、現在のアーティストにとって今や珍しくない行為になってる元の先駆者は彼らです。

にも関わらずこの記事ではヒップホップがそれに勝るというんです。

「ヒップホップの登場が、それまでの音楽の歴史を丸ごと変えてしまっている。それに比べれば、THE BEATLESが及ぼした影響は、大きなものとは言えない」

「調査によれば、”クラシックロック”の大きな成長は全て64年以前のもの。イギリス音楽はその要素の一つだったが、全体において大きな役割を担っていた訳ではなかった。
刺激的なヘアスタイルとカッコいい容姿、イギリス独特のアクセントはあったが、音楽性が新しいわけではなかった」

ヒップホップの台頭で何が変わったのか?なにが革新的なのか?自分の主観で意見を書いていきます。

ヒップホップや他のクラブミュージックに多大な影響をもたらした一つのドラムのあるフレーズ「アーメンブレイク」についての動画を紹介しておきます。大変興味深い内容です。


index
こちらがその昔、多くのDJ・トラックメイカーに使用されたakai製のサンプラーです。

恐らくこのビートは聴いた事のある人がほとんどでしょう。サンプラーという楽器が弾けなくても元からある音楽を部分的に録音して別の音楽として再構築できる夢の様なマシン。

そしてラップという歌唱力を問わない喋りにちかいボーカルの組み合わせで生まれたヒップホップというのは敷居が低くそれでいてオリジナリティーのあった革新的な音楽だったと言えるでしょう。

ロックやポップスというのは楽器の演奏力や歌唱力を前提としたジャンルです。

しかしヒップホップが誕生してから音楽人口は格段に増えたかもしれないという考察は間違ってはいないでしょう。始めに紹介した記事はこの新規参入のしやすさを考慮した上で最も影響力のあるジャンルであると判断したのではないでしょうか?以上、自分なりの意見でしたが今日はこの辺で。



これらの作品全てにアーメンブレイクが使われているのかと考えたら著作権違反だと訴えずに拡散されても放置したままで一種のパブリックドメインと化させてしまったWinstonsのリチャード・スペンサーは現代のフリー素材が溢れたネット社会の先駆けなんだと考えると感慨深いものがありますね。

cc-library010009555

ああああもうヤバイです。スマホぶっ壊れて6日目にして禁断症状にも似た怠惰な感覚、イライラな感情が沸々とわいてくる日々でござんす。
自分がどれだけこの機械に依存していたのか改めて気づかされました。

時間の使い方が下手になってきてるのを自覚。
cc-library010011170

試しに一日でいいんでスマホ無しの生活をしてみてください。とにかく退屈でしょうがなくなるかと思います。スマホがまだ無かった2006年~2007年のガラケー持ちだった学生時代…今にしてよくまあ電車の中で退屈せずに時間をつぶせていたなと実感します。
あの時は携帯なんて通話かメール以外まったくいじらなかったな…。そういえば音楽の理論書やコード本なんかを読んでた様な気がする。

家の中はPCがあるんでまだいいんですがバイト先となるとこれがもう…することなくて気が狂いそうになります。昔読んでた本なんかを持って行って読書で時間を潰そうにもウトウト眠たくなっているのはヤバイです。気をつけるべきですね。
スマホの依存が原因で頭が退化していってるなと思いましたもん。オッサンじみた発言をしますが子供の頃から持つべきツールではないですねこれは。ある意味タバコと同じですよ。
本当にこれから成人になる未成年の世代とか大丈夫なんだろうか?って他人の心配するよりまずは自分の心配ですねハイ。

スマホ無しでの休憩時間…どう過ごす?

1024-cc-library010003676

理想ですが出来れば活字を楽しんで読める時間を過ごせたらいいなと考えております。っていうのもついつい背伸びした様な難解な本とかなると眠くなるわ途中で中断したら後で読んでも意味不明になるわで休憩時間というわずかな時間で読むべき本は限られます。
ええそうです。敷居が低い本を読んでちょっと先が気になるけど休憩終わっちゃったから後で読もう程度の本がいいんです。実体験からのアンサーがこれです。
読むのに時間がかかる本は余裕がある時の方が絶対いい。
そういえば読みたい本あったなと思ったのでピックアップ。これぐらいのレベルだと割と敷居が低いだろうしちょっと気になるリストに。哲学入門の方が漫画「バキ」の作者が表紙書いているし、政治の本は岩波ジュニア新書からだし読みやすそうという超適当な理由ですが。では今日はこの辺で。

↑このページのトップヘ