無名音楽家アブロニカの戦慄なリアルと最前線

ヒップホップ・ポストロック・エレクトロニカを主軸にしたラッパー&トラックメーカー、アブロニカのこれからを赤裸々に書き綴り。 日本中の90%を占める底辺音楽家のリアルと実情、日々思うことを書き殴ります。まれにDISリスペクトな記事あり。 無料の楽曲DLが受け取れるフリクルメルマガ配信中 http://frekul.com/artists/profile/call-it-anything

2016年01月

cc-library010010866


皆さん明けましておめでとうございます!!2016年もよろしくお願いします!

2015年は辛酸をなめる様な出来事が多かったので今年は少しでも飛躍の年にしたいものです。
というわけで今年の抱負を発表します。

インストの自作曲を極力封印し、ラップを全面にプッシュした音源を作ります。

認知度アップのためのベース作りその1です。去年までずっとインストのエレクトロニカ曲を発信し続けていましたが、言葉の力強さに感化される機会が頻繁になったので今は一曲しか出来ていませんがエレクトロニカ+ヒップホップな音源を制作します。

Youtubeに配信するためのPVを作ります。

認知度アップのためのベース作りその2です。音楽やってますっていうと必ず聞かれるのが「Youtubeで聴けますか?」の一言なんですよ。やっぱり今のリスナーが一番音楽を聴くプラットフォームは動画サイトです。実際自分も好きになってライブに行くまでになったアーティストを最初に発見した場所はyoutubeですからね。そのためのPVを作りたいなと。

ブログでインタビュー式コンテンツを作ります。

自分もですがライブで動員する方法や音楽でお金を稼ぐにはどうすればいいのか?と悩んでる音楽家は本当に多いんです。そのために実際にバイトやサラリーマン生活をしながら音楽活動をしている身から脱却して音楽を本業に出来たミュージシャンやワンマンライブを出来るまでになった人達にそれまでの過程をインタビューしてみるというコンテンツを作りたいんですよ。合格体験記ならぬ本業変化体験記です。

自主企画イベントをやります。

下山の全感覚祭に行って刺激を受けたり去年の2月のイベントをやったりという理由もあるんですがやはりもう一度自主企画のイベントはやってみたいんですよね。共演してみたいアーティストさんのリストも結構増えたというのもあるしライブハウスでやるのか?それとも全感覚祭みたいにDIY精神でいくか?それはまだ未定なんですがね…。

以上ですね。とりあえず前々から考えていたプランを並べてみました。きっと他にもやりたいことはポンポンと生まれてくるんでしょうが大事なのは一つ一つの事柄に集中することだと考えているので一歩一歩づつ確実に2016年を歩んでいきます。では今日はこの辺で。


Call It Anythingのサンプル音源をフリクルで無料DLできます。
{ライブスケジュール}

ライブのチケット予約方法はokcomputer1969@yahoo.co.jpまで氏名と枚数を記入の上、メールを送りください。

1月23日(Sat)大宮ヒソミネ

12631288_781577568641442_242898241671304829_n
お仕事の依頼用にプロフィール記事を作りました。

15歳からギターを始める。数年後、大学に在学中だった時にDTMを使った作曲を開始。Call It Anythingという名義でインスト系の打ち込み音楽を作り始める。自作の曲がネットや現場問わずラジオ局でオンエアーされる。

2012年、株式会社クレオフーガ主催の作曲コンペ「クレオフーガアワード2012」にて優秀賞候補にノミネート。1500曲の応募曲の中から最終選考の20曲群に選出。Call It Anything時代の音源はSoundCloudから試聴できます。

2013年、東京デザイナーズウィーク2013にてMusic Street Liveに出演。これ以降ライブ活動も始める。

2015年、数年感聴き込んだヒップホップに感化され、ラップを始める。以降ヒップホップ、エレクトロニカやポストロックに影響を受けた自作のトラックに自作のリリックをのせる音楽性へと変化。今に至ります。では現時点でのお仕事について説明していきます。

BGMや楽曲の制作
1024-cc-library010001403
著作者 Alexander Master / 改変 cc-library.net

企業のVPやスマホやアプリのためのBGM、演劇で使用したいBGM。楽曲のリミックス音源の制作や音源を作りたいけれどトラックが欲しいというラッパーやシンガーの皆さま向けに楽曲を制作します。得意なジャンルはロック、テクノ、ヒップホップ、エレクトロニカなどです。

20秒から始まるBGMを制作しました。また演劇イベントでのBGMの制作経験もあり。

料金設定
1024-cc-library010000273

著作者 401(K) 2013

曲の尺については30秒5000円から引き受けます。シンガーやラッパーの方向けの3分~5分ほどの楽曲の場合は10000円からになります。

楽曲の権利の買い取りのあり・なしや編成や難易度に値段は変動します。リテイク料は基本的に無しです。主にメールを通じてデータを送り、そこからやりとりを始めます。

楽曲の使用用途、参考資料、楽曲の長さ、納期の時期を書いてお問い合わせいただくとスムーズです。まずはこちらのメールアドレスまでお問い合わせください。okcomputer1969@yahoo.co.jp

ギターのレコーディングやサポート、出張講師お受けいたします。
1024-cc-library010002993
主なパートはギターになります。(歴は15年ほど)。エレキギターとアコースティックギター両方可能です。SoundCloudやBandCampでの音源に入っているギターについては全て自身の手弾きなので参考にどうぞ。ジャンルについてはジャズ、クラシック、メタル以外でしたらいかようにでも対応可能です。

料金設定
1024-cc-library010000519
著作者 Tax Credits

サポートについてはスタジオ代と交通費はクライアント側のお支払いになり、一度のライブで5000円のギャランティーが発生します。

出張講師については交通費と一時間2000円になります。左手のコードの押さえ方や、右手のピッキングのやり方など基礎の基礎からレクチャーします。

レコーディングに関しては一度曲を聴いてデータを送る形式で録音します。料金は一曲2000円になります。どういったフレーズが欲しいのか?といった要望があればスムーズに対応できますのでよろしくお願いします。

以上になります。まずはお気軽にメールアドレスokcomputer1969@yahoo.co.jpまでお問い合わせください。

↑このページのトップヘ