無名音楽家アブロニカの戦慄なリアルと最前線

ヒップホップ・ポストロック・エレクトロニカを主軸にしたラッパー&トラックメーカー、アブロニカのこれからを赤裸々に書き綴り。 日本中の90%を占める底辺音楽家のリアルと実情、日々思うことを書き殴ります。まれにDISリスペクトな記事あり。 無料の楽曲DLが受け取れるフリクルメルマガ配信中 http://frekul.com/artists/profile/call-it-anything

2016年01月

WIN_20160131_194422

使い始めて1年と10ヵ月…。遂に我がiphone5cが壊れましたorz

WIN_20160131_194449
こうなるともはや何が何やら分かりません。画面をタップしてもまともに反応しません。
丸い黒点や白くなった画面は液晶部分の破損が原因らしいです。少し前までひび割れ状態でも使えてはいたんですが誤ってPCがスマホの画面部分に落下。それからは超カッコいいサイバーチックな待ち受け画面になりましたがもうこのiphone動きません。戦闘不能です。まだ分割払いが2ヶ月あるのに…。

修理店にも行ってみたが値段は意外と高い。

昨日の夜から今までとにかく様々な修理店を探しましたが都心で言えばダイワンテレコムが一番安いらしいので、渋谷に行ってみました…。んが…ソフトバンク店やアップルストアよりもずっと安いんですがそれでもこのぐらいはするのかとため息…。

SnapCrab_NoName_2016-1-31_20-2-39_No-00

ただ、前日予約割引や午前中割引など早めの予約をいれておけばそれでも幾分かは安くなるのでここはまだ良心的かなと思います。

iphoneを直して使い切るか、違約金払って格安sim+新機種に乗り換えるか…。

これ本当迷ってますが、決定事項としてはiphoneを使おうが新機種にしようが格安simにいいかげん変えたいんです。今のところひと月の携帯料金が自分の場合8000円~9000円です。…これは正直いって高い!!格安simとスマホセットのサービスを提供している会社もいくつも探したんですが機種替えも含めてユーモバイルにしようかと考えてます。なんといってもこの値段の安さですから。※ネット容量3Gクラスの料金です。
SnapCrab_NoName_2016-1-31_20-15-12_No-00
SnapCrab_NoName_2016-1-31_20-15-25_No-00
これに5GやLTE使い放題となると値段が上がりますがほとんど5000円に収まるレベルです。
もちろん速度制限は200kbpsまで落ちるし、従来の三大メーカーのメールアドレスは使用出来なくなります。lineを使うにもid検索が出来ないので別の方法で使うしかありません。
それでもこの値段は実に魅力的です。

iphoneを使い続けるのならもしもシークスも捨てがたい。

国内で唯一、iphone+simを提供するサービスを実施しているもしもシークス。ここも良いんですよねぇ…。
SnapCrab_NoName_2016-1-31_20-33-27_No-00

SnapCrab_NoName_2016-1-31_20-33-47_No-00
値段は大体変わりありませんが何といっても速度回線が24時間で元に戻るという反則的なサービスプラン…。通話するのであれば専用のアプリを使わなければ通話料が加算されますがそれを差し引いてもこの値段と速度は魅力的です。ただ、simだけの購入となると動作確認OKのiphoneでいえばDocomo製のみしか確認されていないというのがネックですが…。

調べたうえで今後の携帯ライフをどうするか?

今のiphoneが残り2ヶ月分残っていて約8000円×2=16000円。追加で修理費用が約12000円で合計30000円の出費。うーんこれは考えもの…。
または一か月分の8000円分を支払う。それと同時にユーモバイルで新契約。初期費用3000円+MNP転出をするのであればもう3000円で計6000円。そしてソフトバンク側の違約金10000万円でまあ約25000円ちょっと。
となるとやっぱり後者の方がいいんですが、違約金を払ったことがないので仮に払いきったらそれとは別に2月分も要求されるんだろうか…?何にせよ今のところはユーモバイルに機種変更+sim購入が第一候補です。
ジリ貧生活を強いられるアマチュア・インディーズミュージシャンにとっては携帯料金も結構馬鹿にならないので今がその転換期ですね。では今日はこの辺で。

201303292232599ce


以前、こちらで紹介したラッパーのNaomyに続き、またまたとんでもないラッパーを発見してしまった。彼の名前はチプルソ。公式サイトはこちらである。
名前の由来はMultiple Personarity(マルチプルパーソナリティ)、つまり乖離性同一性障害”、“多重人格の名称から抜き取ったとのこと。プロフィールを引用します。

チプルソ -傷だらけのB-BOY-
大阪 服部緑地公園rep.のラッパー/トラックメーカー。
ギター弾きコウモリ(弾き籠り)文学を旅する1MC。

口で太鼓(beat box)を鳴らしながら同時に指で弦(classic guitar) を弾き、
円を作って召喚(sampling)でもしているのだろうか?
箱(mpc)を叩いたり等原始的に口八丁手八丁(NoDJ1MC)で進められる、其の演説(live)は見ものである。一人何処でも稼動な哲学に洗脳あれ 。

…どうやらその即興も弦を弾きながら可能と。

HBB(ヒューマンビートボックス)とクラシックギター、サンプラーとラップという多才な一人ヒップホップ。

1人でやれることは全部やる。これが彼のポリシーでありスタイルなのですがこれは完全にヒップホップをネクストレベルに到達させてますね…。このスタイルで活動し始めたときはあまりに独自性が強すぎたのか、これはヒップホップなんかじゃないと言われたり色々偏見をもたれたらしいですがそこで彼はMCバトルで戦績を残すことによって知名度をあげ、自分の音楽形式を認めさせてやろうとした訳です。
彼を知ったキッカケがMCバトルなんですがフリースタイルが抜群な上手さなんです。インタビューで5,6時間はフリースタイルの練習をしているとのことですが納得の韻の踏み具合です。

ヘラヘラしていたSimon JAPの表情がどんどん無くなっていき圧倒的にチプルソがこれでもかというくらい饒舌に韻を踏みまくりで観客のテンションも激上がり。

現在、フリースタイルダンジョンで世間を賑わせているラッパーのDotamaとの勝負。Dotamaも数々のMCバトルで輝かしい戦績をのこしていますがそのDotamaですら彼の即興さに苦戦を強いられています。

彼のオリジナル曲です。素晴らしい曲です。morohaが2人でやってることを彼はたった一人でやってのけてます。大抵バトルMCのラッパーが作る曲ってイマイチでつまらないケースが多いんですが彼は例外なんです。
イベント企画するなら是非ともお呼びしたいくらい!ただ本人はまだまだMCバトルにも攻めの姿勢をもっているんですが個人的にはすっぱりMCバトルを引退してフリースタイルの練習時間を音源リリースとライブを中心に割いて活動してほしいですね…。
そっちの方がヒップホップに馴染みがない人達にも広がっていくだろうしトータルの目で見ればヒップホップ界全体の底上げにもなると思うので。 チプルソよ!!MCバトルは卒業して全国区のラッパーに早くなってくれ!では今日はこの辺で。

1stアルバムの1人宇宙ー起源FREESTYLEはなんと売り切れ状態!!配信で買うしかないか。

1024-cc-library010000206

Photo By Stephen Poff

ドヤ顔してないですけどこれマジなんです。しかもそんなに時間をかけることも無く…。
ギターがある程度弾ける様になってくると段々弾くフレーズがマンネリ化してしまったり作曲をしても1パターンの曲しか作れない…現状から一歩抜け出したくなる欲求が自ずとわいてくるものです。音楽理論を学んでみたいと思う人もいるでしょう。
楽器店に行けば理論書や作曲のノウハウ本なんかは数多くあるものですがお金をだすのが億劫な人や初歩をまず学んでみたいと思った人には断然、J-Guitarにアクセスしてみることをおススメします。こちらをクリックしてみてください。

アクセスしたら右端のギターテクニックと書かれた項目をクリック!そこには…無料とは思えないぐらいのギタリストに役立つコンテンツがギッシリ!!学生時代…こちらのサイトには大変お世話になり、中でもコードの覚え方、理論は大変参考になりましたね。
特にフレットで覚える音楽の仕組み即戦力シリーズの項目は作曲したりギターのフレーズを作る時なんかはここで得た知識が今でも役に立っています。分厚い理論書を読んだけど挫折した…というギタリストの方も是非一読してみてください。
音楽理論という文字を見ると難しそうだったり音楽なんて理論じゃねえ!ノリだろ!!ノリ!!みたいな偏見をもつ人間もいますが音楽理論というのは良い音楽はどうやったら作れるのだろうか?という研究を過去の偉大な作曲家が長年研究し、法則化を試みた結晶そのものです。食わず嫌いは損です。

どうやって240個ものコードを覚えたのか?

music-back050

J-Guitarで得た知識をここで簡単に披露しましょう。数多くのコードを覚えるには実はある5つのコードを理解するだけなんです。ギターをお持ちの方は是非トライしてみください。
5つのコードは実にシンプルなコードです。それはF、G、E、D、A…この5つのコードのフォームをまずは覚えることです。全てメジャーコードです。少なくともこの時点であなたは60個のコードを覚えたことになります。

ギターという楽器は様々なコードの押さえ方がありますがじつはパワーコード以外、この5つのコードから派生したコードフォームがほとんどなのです。マイナーだろうがセブンスだろうが、9th,11th,13thといった複雑なテンションコードだろうが基本形のコードフォームの一本の弦を一音を半音ずらすか全音ずらすか…それが理解できれば多数のコードフォームを理解したことになります。

音階を上げ下げするのであればそのフォームのままずらせばいいので単純にFのコードを覚えただけでも、12音階分覚えたことになります。60個というのはそういう意味です。他にもマイナー、メジャー7thとマイナー7th、多用されるこれらのコードも12音階分あるので4つ合わせて12×4=48。5つの基本形コード全てで48×5=240。こうなる訳です。
6本の弦で様々な押さえ方をする楽器なのでコードなんて覚えきれない!よくわからない!という方は是非この考え方を実践してみてください。複雑だと思ってたものが実はとても単純な構造だったと気づかされるでしょう。

…と!!まあJ-Guitarを定期的にチェックすることでこういった知識が身に着く訳です。ギターを始めて5,6年の時はコードと言われてもフォームがまず理解できなかったし押さえるのにもいちいちここがC、ここがF…とか確認して時間がかかっていたほど頭が音痴な状態だった自分がブログでノウハウを紹介できるぐらいに克服出来た訳ですから一読の価値ありです。では今日はこの辺で。最後にJ-Guitarから発展して作曲の参考になる本をいくつか。
2つとも素晴らしい内容です。J-Guitarの理論やコードに関する項目を一通り読み終えてからこの2冊の本を読むと更に一歩抜きんでることができるでしょう。

1024-cc-library010007350
Photo By www.audio-luci-store.it

最近の音楽シーンの状況…アイドル中心に盛り上がっているオリコンチャート…ボカロやアニソンの台頭、ロックバンド勢は若干苦しい状態だけどそれなりに健闘中…。2000年代前半はこの状況とは真逆な感じでしたが現在のどんでん返しな展開になるとは誰も予想してなかったと思います。でもそろそろ大きな変化が欲しくないですか?
自分は正直アイドル&アニソンだけがランクインしている今の音楽シーンにはもう食傷気味なんです。このジャンルでも面白い音楽を作っている人達はいるんですが…独占状態になっているのは見ていてあまりいい気持ちがしないものです。

予想だにしない奇跡が生まれるから音楽シーンは楽しくなる。

1024-cc-library010005627
illustration by
rajeevkamal

まさかこいつ等が売れるとは思わなかった…リスナーやレーベルのスタッフが予想だにしないアーティストがブレイクしていかなくては音楽シーンは盛り上がらないし楽しくないんです。人間がエンタメに求めているのはアクシデントとストーリー性です。
個人的にこのケースに当てはまるものは洋楽で言えばRadioheadがそうでしょう。


彼らの初期の代表曲。この曲だけが一人歩きしてRadioheadといったらこれだという扱いをされ、一時期はこの曲だけの一発屋のバンドとしか見られていなかったのですがアルバムをだすごとに大胆な音楽性の変化を実行し、今やイギリスの代表格クラスのバンドにまでなりました。


邦楽で言えば90年代にドラゴンアッシュがデビューした時、ヒップホップをベースにしたミクスチャーロックが流行るとは誰も予想できませんでした。
当時のヒップホップというのは一般のリスナーからすれば恐くてとっつきにくいというイメージがありましたが彼らがlet yourself go let myself goをリリースしてまさかのブレイク。その後にI Love HiphopとGreatful daysという二枚のシングル同時リリースした時は今はこういう音楽がカッコいいんだという風潮が形成されていったのです。文字通り、時代を変えたのです。



2000年代以降でいえばAKB48やマキシマムザホルモン、ゴールデンボンバーや神聖かまってちゃんといった時代に合わない、音楽性が一般受けしない、イロモノ系といったレッテルをはられた人達がまさかのブレイクをしていきました。しかし彼らに共通しているのは継続して音楽活動を続けたこと…自分たちをどう演出していくか?というセルフプロデュースの追及をやめなかった…これに尽きるでしょう。

ライブハウスに行ってライブを見てももっと評価されるべきなバンドやアーティストは沢山います。このブログでも紹介したバンド・アーティストもインディーズが大半ですがアンダーグラウンド勢はもっとオーバーグラウンド勢を侵略していった方が絶対いまの音楽シーンは面白くなるハズなんです。
それかセールスではなく記憶に残る様な…そういった音楽家が音楽を生業に出来る環境が形成されなくてはいけません。

ひと昔前まではアングラな音楽に対してこれは世に広まっていくべき音楽ではない。限られた人間に愛されるべき音楽だなどと言われていましたが時代はもう2010年代後半なんですからもうそういった意見は消えていくものだと推測しています。今の音楽シーンはつまらないと思っている人間こそが変えられる素質をもっているんです。では今日はこの辺で。

photo-jump-nature-man

10月の中旬に始めたこのブログですが遂に…やりました!この記事で遂に100記事達成です!!

といってもこれはまだまだ序の口にすぎません。上をいく人はこの5倍は継続してますから。
ここからは持久走の様なもので2,3か月はこのペースで続けられる人間はそんなに珍しくありません。ここから半年となると半分に減少、1年後には更にその半分、2,3年後には全体の1,2割しか残らないというのはどの世界でも同じでしょう。

ただここまでやってきた訳ですからそこは自己肯定できることかなと。例え些細なことでも自分で自分を褒めたたえることは物事を継続するための必須行為です。それと同時に大事なのはあまり力まずに毎日続けられたらいいなあ程度の緩さで継続していくこと。この2つのバランスの取り具合ですね。

まだ登山の入口に入ったばかり。道のりはまだまだ遠い…PV数が劇的に上昇するのはまだ先の話し!!

1024-cc-library010004447
著作者 Lulumière

ブログを始めてからなんだかんだで月に1,2記事はブログニュースに掲載されました。

アーティストのリアルな叫び!ノルマ地獄の曲を集めてみた!

エレクトロニカというジャンルを更新することはもう難しい。

美メロ満載でオーパーツ音楽もあった最強のジャンル=ゲーム音楽

並盛×6!?すき家の裏メニュー「牛丼キングサイズ」に挑戦してみた!

これらの記事が運よくピックアップされて軽く1日で1500~3000PV。多い時は5000PV行きました。
これはこれでかなりPV数を稼げるんですがブログで小遣い稼ぎをしたいのであれば今のPV数の20~30倍は増やさなくてはいけません。
まあこれはブログで定期的に発言していますがあくまでこのブログをやる理由は認知度アップ&ライブに来てくれる人を増やすという名目が第一優先事項なのでお金はぶっちゃけ二の次です。(お金が第一なら3記事~5記事は更新しなくてはいけないみたいですし)

多分、結果がついてくるのはもう3ヶ月ぐらい後でしょうか?それかもっと長くて1年…かもしれません。何事も継続は力なり。結果をだした人間の共通項だというのはもう周知の事実なのでこれからも書き続けるのみ!
「無名音楽家の戦慄なリアル」から「有名音楽家の優雅なリアル」にクラスチェンジ出来る様日々精進です。では今日はこの辺で。

↑このページのトップヘ