macbook-336692_640
この記事で467日目の記事になります。あと1日でリスペクトしているブロガー兼ミュージシャンであるjMatsuzaki氏が更新し続けたブログの記事数を超えることになります…長かった。明日まで書き続けますが、それ以降はブログを毎日書き続けるスタイルから脱皮しようと考えています。

記事を書くのではなく、曲を書く?
music-279333_640
ことのキッカケは今から数ヶ月前…。ソナリオの斉藤さんの自宅にて宅飲みしていたときに、「そんだけブログ更新してるんなら、1日1曲作って発信してみたらどう?」こんなことを言われた。

なるほど…面白いかもしれない。長時間かけて作った楽曲が良い作品になるとは限らないし、短期間で出来た楽曲ほど良い出来になるとも限らない。

ただ、作曲はスポーツと同じで作れば作った分だけ、楽曲のクオリティーは上がっていく。これは間違いない。今年中に少なくとも100曲作るだけでも相当な成長が見込めるよなあと。でも毎日一曲というのは正直しんどい。
stretching-498256_640
よし!じゃあやってみようと行動に起こしてもある程度まではいく。これはブログの執筆活動で得た経験。では闇雲に1日という短い期間を設けて一曲作り続ければ、スキルは上がるのか?楽曲の製作依頼は来るのか?恐らくNOだと考えてます。

ブログでも音楽でも必要なことですが、自身の作品を発信するためには、外部からの情報と内面のメンタルをごちゃ混ぜにして独自に解釈する期間が必要になってきます。

だからこそ説得力のある文章や、魅力的な音楽は出来上がる訳です。よくデビューしたアーティストは1stアルバムのインパクトを超えることが出来ないと言われていますよね?

それは1stというのは今までの音楽人生の集大成な訳ですから内容も濃くなるのは必然なんです。2nd以降は短期間で情報を解釈した作品になりがちなので、どうしても1stを超えるインパクトがない内容になってしまうのは、ある意味仕方の無いことなのかもしれません。ほんで、曲書くの?書かないの?

何事も出来ることから始めるのが肝心。
graffiti-1015952_640
結局ブログをあまり更新せずに傍観者になるのか?そんな訳ありません。音楽的に一皮向けようと考えて出た結論は…一日ではなく3日か4日で一曲制作。その合間にブログをたまに更新。このスタイルでいきます。クライアントからの案件もいくつか抱えている状態でどこまで出来るか?新たなる挑戦ですね。

楽曲が出来上がったら、Youtubeか楽曲配信することで仕事の依頼が発生するようなサイトに登録。思ったけどフリクルで配信するのもいいかな。その楽曲での使用機材、制作期間や簡単な説明を加えて発信。これを主軸にしていきます。

ブログの記事については、今まではメインコンテンツでしたが、サブコンテンツにしようかと。その分情報を溜め込んでから吐き出す期間が長くなるので、中身詰まった文章が書けるのではないかなとも思ってます。

以上、今後のネット上での活動の変化についての記事でした。何事もやはり変化は必要です。この方針が、今以上にマネタイズできる環境になるキッカケになったら良いんですが…どうなるかは自分次第。

ちなみに楽曲の制作スピードについては早めたいという気持ちはあるので、もっと早く出来そうだなと思ったら、必要な期間をどんどん短縮していきます。では今日はこの辺で。