woman-1006102_960_720
いい加減目覚めなさい!という阿久津先生の声が聞こえてきそうなので、メンタルを武装させる瞬間が必要になりました。

楽しいことや感動したことならまだしも、辛い体験を元に作品を作るのはどんよりした感情が蘇って、完成させることに苦労することもあるでしょう。

本心で思ったことは作品に込めなければもったいない。
  brain-1845942_960_720
自分のそれまでの経験の中で濃厚なまでに印象に残った出来事ほど、作品作りに最適な要素はありません。何故なら絶対に嘘をつきようがないからです。こんなことをテーマに音楽なんて作りたくないと思っているその要素こそが説得力のある音楽を作るのではないかなと考えています。

苦い思い出から目を背けずに、向き合った上で一曲を完成させることが、リスナーの心を揺さぶるのではないでしょうか?これが俗に言う言葉の重みや重厚なサウンドを作れるようになる一つのキッカケになることでしょう。

いつまでも感傷の時間が続く訳ではないし、時間の流れをじっと待つことで、また変化が起きるのが人生というものです。

特効薬を飲んでシャキッと回復するほど人の身体と心は器用な構造になってはいません。

だからこそ時間と対峙しながらも、自分が出来ることから少しづつ現状から脱却していかなくてならんのです。正に今がその時。では今日はこの辺で。